意味と使い方

スポンサーリンク
意味と使い方

「奇しくも」とは?意味や使い方を解説

「奇しくも」 「奇しくも」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?「奇しくも同じだ」とか、「奇しくも同じ場所だった」というようなことで聞いたことのある人も結構いるのではないかと思います。 「奇しくも」は、私達も日常...
意味と使い方

「現金な人」とは?意味や使い方を解説

「現金な人」 「現金な人」は「げんきんなひと」と読みます。 もともと日本国内において両替制度が始まった時にすぐに受け渡しできていた現銀にたとえ、変わり身の早い人を「現銀な人」と言っていたのです。 それが今の「現金な...
意味と使い方

「辛気臭い」とは?意味や使い方を解説

「辛気臭い」 「しんきくさい」という読み方をする「辛気臭い」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?たまにこの言葉を耳にした時に、「ふん、ふん」とうなづいている自分がいても、この言葉の意味を全く理解しないままに、そのま...
スポンサーリンク
意味と使い方

「とことん」とは?意味や使い方を解説

「とことん」とは? 「とことんまでやる」などのフレーズを耳にした事があるでしょうか。 「とことん」は、文字としてみると少しユーモラスな雰囲気がありますが、日常的な会話でも使う機会が多い、知っておきたい言葉のひとつです...
意味と使い方

「怨嗟の声」とは?意味や使い方を解説

「怨嗟の声」 「怨嗟の声」は「えんさのこえ」と読みます。 「おんさのこえ」と読み間違いをする人が多いので注意しましょう。 「怨嗟の声」の意味 「怨嗟の声」の意味や由来などについて紹介します。 ...
意味と使い方

「進ぜよう」とは?意味や使い方を解説

「進ぜよう」 「進ぜよう」は「しんぜよう」と読みます。 武士の言葉みたいに聞こえますが現代でも使えます。 「進ぜよう」の意味 「進ぜよう」の意味と解釈について紹介します。 「進ぜよう...
意味と使い方

「天賦の才」とは?意味や使い方を解説

「天賦の才」 「天賦の才」は「てんぷのさい」と読みます。 非常に読み方が難しいのですが「てんぶ」と間違わない様にしましょう。 「天賦の才」の意味 「天賦の才」の意味や派生語について紹介します。 ...
意味と使い方

「不義の子」とは?意味や使い方を解説

「不義の子」 子供は夫婦に愛されて生まれ、そして成長していくとされています。 しかし時には不倫や何かの事情で夫と違う子供を産んでしまうこともあります。 現代では「托卵」と悪い意味で表現されることも多いです。 DN...
意味と使い方

「糧にする」とは?意味や使い方を解説

「糧にする」 糧にするとは「かてにする」と読みます。 糧とは本来は食べ物、食料、などを指しており、「日々の糧」などと表現することができます。 これに転じ、実際の食べ物を指すのではなく、エネルギーや活力の元などの意味...
意味と使い方

「俎上の魚」とは?意味や使い方を解説

「俎上の魚」とは? 「俎上の魚」という言葉を知っているでしょうか。 「俎上の魚」は「そじょうのうお」と読む言葉で、一般的に知られている言葉ではないため、知らない人の方が多いかもしれません。 しかし、「まな板の上の鯉...
スポンサーリンク