スポンサーリンク

lineの「ブロック」と「削除」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブロック」と「削除」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、LINEの「ブロック」「削除」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

LINEの「ブロック」とは?

LINEの「ブロック」の意味と概要について紹介します。

LINEの「ブロック」の意味

LINEの「ブロック」とは、「ブロックリスト相手を入れて、メッセージを受信できない様にする機能のこと」です。

LINEの「ブロック」の概要

LINEの「ブロック」は、ブロックリストに相手を入れて、メッセージや通知が来ない様にする機能のことです。

「ブロック」は多くのSNSに付いている機能で、連絡を取りたくない相手に対して使います。

「ブロック」した時点では相手には何も分からないのですが、相手からメッセージを送っきても受信せず、相手側に「既読」が付きません。

おかしいと思うのでいずれ相手はバレてしまうでしょう。

「ブロック」した側は、タイムラインで相手の投稿が見られなくなったり、友達リストから名前が消えます。

ただし、「ブロック」リストから外せば、元通り連絡ができる状態に戻せます。

LINEの「削除」とは?

LINEの「削除」の意味と概要について紹介します。

LINEの「削除」の意味

LINEの「削除」は、「友達登録を消してメッセージを受信できない様にする機能のこと」です。

「削除」の概要

LINEの「削除」は、友達としての登録を消して、メッセージを受信できない様にする機能のことを言います。

トーク履歴を残したままにすることもあれば、全て削除してしまうこともあります。

相手からの見え方は「ブロック」とほぼ同じで、メッセージが来ても受信できず、相手側に「既読」が付きません。

また、「トーク履歴」だけではなく「トークルーム」も削除すると、相手と一切連絡が取れなくなります。

「トークルーム」が残っていれば再登録できますが、その段階で相手に連絡が行きます。

LINEの「ブロック」と「削除」の違い!

「ブロック」「ブロックリスト相手を入れて、メッセージを受信できない様にする機能のこと」です。

「削除」「友達登録を消してメッセージを受信できない様にする機能のこと」です。

まとめ

今回はLINEの「ブロック」「削除」の違いをお伝えしました。

「ブロックはブロックリストに入れる」「削除は登録を消す」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典