ことわざ・慣用句

「厳戒態勢を敷く」とは!意味や使い方!類語や例文も解釈

「厳戒態勢を敷く」の意味とは? 「厳戒態勢を敷く」とは、危険や危機への警戒から、人員の配置、起こる事柄への対処をしっかりしておくことです。 既に起こっている事態への対処という意味ではなく、これから起こるかも知れないこ...
意味と使い方

「件の件」とは!使う際の注意点と言い換えなど解説

「件の件」は正しい日本語? 「件の件」は、無理に両方とも漢字にしてしまったことでこのような表記になってしまった例でもあります。 1つの漢字で複数の読み方があったり、色々な意味で使われることは特に珍しくありませんが、同...
意味と使い方

「解き明かす」の意味とは!使い方や例文まで詳しく解釈

「解き明かす」の意味 「解き明かす」の意味は以下の2つです。 1つ目は「分らないことを調べてはっきりとさせること」という意味で、数学の問題の答えを導き出したり、原因不明のできごとの原因やメカニズムなどを分る様にするこ...
意味と使い方

「取り返しのつかない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「取り返しのつかない」の意味 「取り返しのつかない」の意味は以下の2つです。 1つ目は「始めからやり直せないこと」という意味で、後で「ああしておけば良かった」と思ってもどうにもならないことを言います。 2つ目は「大...
意味と使い方

「恩を着せる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「恩を着せる」の意味 「恩を着せる」という表現は、「相手のために何らかの行動をした後に、そのことを殊更にありがたく思わせよう(感謝させよう)とするさま」を意味しています。 「恩を着せる」というのは、「相手のためにわざ...
意味と使い方

「横柄な態度」とは?意味や読み方など!徹底解説

「横柄な態度」とは?意味や概要 「横柄な態度」の意味と概要について紹介します。 意味 「横柄な態度」の意味は以下の2つです。 1つ目は「人を見下したような振る舞いをすること」という意味です。 自...
意味と使い方

「おもんぱかった」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「おもんぱかった」とは?意味 「おもんぱかった」という表現は、「ある物事・状況・相手について、あれこれと思い(思慮)を巡らしていること」を意味しています。 「おもんぱかった」の漢字表記は「慮った」になり、元々は「おも...
意味と使い方

「一難去ってまた一難」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一難去ってまた一難」の意味 「一難去ってまた一難」の意味は以下の2つです。 1つ目は、「災難が次々と降りかかってくること」という意味で、一つの災難が過ぎて、ほっとする間もないうちに、また次の災難が起きて被害をこうむ...
意味と使い方

「然程」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「然程」の意味 「然程」という表現は、「物事・行為の程度について、そんなに・大した・それほど」ということを意味しています。 「然程」という言葉は、後に打ち消しの言葉を伴って「然程~ではない」という文章で使われることが...
意味と使い方

「好人物」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「好人物」の意味 「好人物」という表現は、「性格的・人格的・道徳的に、好ましい特徴や言動の履歴を持っている人」を意味しています。 「好人物」というのは、「悪事(犯罪)をしたり人を傷つけたりすることのない性格(人柄)の...