スポンサーリンク
意味と使い方

「呆然」とは?意味や使い方を解説

「呆然」 「呆然」は「ぼうぜん」と発音し、「我を忘れてしまった」様子に対して使われる言葉です。 「茫然」という表記することもあり、こちらでも発音、及び意味は全く一緒です。 その理由が「呆れた」、「突然のこと」という...
意味と使い方

「屠る」とは?意味や使い方を解説

「屠る」 この「屠る」と見て、パッと読むことができる人もそうは居ないでしょう。 「屠」の漢字には音読みと訓読みがありますが、先の音読みは知っていても、訓読みと言われると困ってしまう人も多いのではないでしょうか。 「...
意味と使い方

「絶許」とは?意味や使い方を解説

「絶許」 この「絶許」は、そのような言葉が正式に存在する訳ではなく、いわゆるネットスラングです。 読み方もまちまちで、「ぜつゆる」と読む場合もあれば、「ぜっきょ」と読まれることもあります。 そのように読み方が固定で...
スポンサーリンク
意味と使い方

「庶出」とは?意味や使い方を解説

「庶出」 この「庶出」(しょしゅつ)は、昔はよく使われていた言葉ですが、現在ではあまり聞きません。 もう少し分かりやすい言葉で同じことが表現できるので、そちらの方が主に使われている為です。 しかし、少し昔の本などで...
意味と使い方

「隠匿」とは?意味や使い方を解説

「隠匿」 この隠匿は「いんとく」と発音し、悪い意味で使います。 その為、見聞きすることはあっても、自分で使う機会はないに限ります。 ですが、ニュースなどで聞く機会も多い言葉なので、意味だけはしっかりと覚えておくとい...
意味と使い方

「間男」とは?意味や使い方を解説

「間男」 この間男という言葉は、聞かないで済むならそれに越したことはありませんが、そのような存在を表現する時にはこの一言だけで済む便利な言葉でもあります。 通常は人を表す為に使いますが、行為に対して使うこともできます...
意味と使い方

「皆目」とは?意味や使い方を解説

「皆目」 「皆目」は「かいもく」と読む言葉です。 話し言葉で「かいもく」を使うことがある人の中には、漢字で書いてあるのを見て何と読むのか分からないという人もいるのではないでしょうか。 又、この漢字は読めても、意味が...
意味と使い方

「格段」とは?意味や使い方を解説

「格段」 格段とは「かくだん」と読み、副詞として使われます。 特別に程度が著しいことを指すこともありますし、違いが大きくてかけ離れていることや、格別、破格、などといった意味を持つこともあります。 格段に、といった形...
意味と使い方

「露骨」とは?意味や使い方を解説

「露骨」 露骨は、普段からよく使われている言葉の1つです。 「あからさま」な様子を表現し、あまりいい意味のある言葉ではありません。 「露骨な」という形容詞形にして、何か(その対象)の前に付けて使う場合と、この言葉だ...
意味と使い方

「既知」とは?意味や使い方を解説

「既知」 既知は、2つの意味で使われる言葉です。 1つは「既に(言われた人が)知っている」、もう1つは「既に世の中に知られている」という意味で、多くの場合は最初の意味で使われます。 読み方は「きち」ですが、稀に「が...
スポンサーリンク