スポンサーリンク

「そっぽを向く」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「そっぽを向く」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「そっぽを向く」【そっぽをむく】の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「そっぽを向く」とは?意味

「そっぽを向く」【そっぽをむく】とは、人に声をかけられてもそちらに振り向かず、違う方向へ顔を向けたままの状態であるさまを意味しています。

相手が「こっちを向いて」と声をかけているというのに、無視して、まともに相手の言葉を真に受けないようにしたり、気づかないふりして話を聞き入れないようにすることで無視する気持ちを強調するわけです。

あえて「そっぽを向く」理由には、相手のことが嫌いで無視したり、わざと声が聞こえないふりして意地悪する気持ちで相手の心を惹きつけるわけです。

「そっぽを向く」の概要

本来であれば声をかけられた方へ顔を向けなければならないというのに、まったく違う他の方向へと目線を向けてしまう人のさまを表すときに使う言葉です。

元々は「そっぽう」を変化させた言葉であり、横の方を表す言葉として使われていました。

本当なら正面を見なければならないというのに、「そっぽうを向く」ことで話しかけた相手に対して協調しないことを伝えられます。

漢字では「外方」と書き、「屋外や外側を見る」という意味にもなり、「別の場所を見て知らんふり」を決め込み、自分はまったく受け入れないという気持ちを表します。

あえて違う方向を見たまま無視することで「私は相手にしない」という意思を伝えられますし、服従することはないと強く拒絶する気持ちを伝えられる言葉です。

「そっぽを向く」の言葉の使い方や使われ方

嫌いな相手に話しかけられたくないし、会話する気持ちにもなれないと思う人は「そっぽを向く」ことで自分が嫌っている気持ちを強調して伝えます。

目も合わせたくないと思う嫌悪感を抱く相手と目が合ったとき、すぐに「そっぽを向く」ことでそれ以上近づくなという気持ちを強く伝えられますし、自分は絶対にあなたと関わりたくないと感じるときは顔を背けます。

相手の容姿が生理的に受け付けない人に対して拒否するときや、親しい間柄ではありますが、喧嘩した後に口も聞きたくないという状態であるとき「そっぽを向く」ことで自分は話す気力もないほど好きではないと伝えるわけです。

この言葉の類義語には「横を向く」「背を向ける」「目を逸らす」などがあり、いかに相手にはしたくない気持ちを強調して伝えられる言葉になります。

「そっぽを向く」を使った例文(使用例)

・『悪口を言う相手に対し、そっぽを向いて自分が嫌いな気持ちを伝えた』
・『気になる女性に話しかけたらそっぽを向かれてしまい、悲しい気持ちになってしまう』
・『そっぽを向くのは勝手だけど、そんなことばかりしていると周囲の人に嫌われてしまうよ』
こそこそ陰で悪口を言っている人なのに、何食わぬ顔で笑いながら話しかけてくるような人を相手にしないという強い気持ちを伝えられます。

また、好みの女性がいたので、口説くつもりで声をかければ「そっぽを向かれてしまったので気分が落ち込んだという気持ちを表せますが、無視してばかりいて話を聞き入れないのでは周囲の人に嫌われ、孤立してしまうと注意します。

まとめ

かなり相手のことを嫌っていると顔の向きで表せるのが「そっぽを向く」という言葉の意味になりますので、本気で受け付けたくないと思う人には顔の向きを変えて、無視してみるといいでしょう。

しかし、一時的に嫌いと感じる人に対してはずっとそっぽを向いていては仲直りできない状態に陥ることもありますので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典