スポンサーリンク

「ひま」と「孤独」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ひま」と「孤独」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ひま」「孤独」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ひま」とは?

「ひま」の意味と使い方について紹介します。

「ひま」の意味

「ひま」は漢字で「暇」または「閑」と書きます。

意味は「ある継続する動作などの合間に生じるわずかな時間」「ある時間」「自由に使えて何もすることがない時間」「休暇」です。

「ひま」の使い方

「ひま」には以下の4つの意味と使い方があります。

1つ目は「ある動作を続けている合間にできるわずかな時間」という意味で、「一息つくひまもない」などと言います。

2つ目は「ある一定の時間」という意味で、「手間ひまかけて作った料理」などと言います。

こちらはあくまでごろ合わせであり、「単なる時間」としての意味です。

3つ目は「自由に使えて何もすることがない時間」という意味で「ひまを持てあます」などと言います。

4つ目は「休暇」という意味で「暇をもらう」などと言います。

上記に共通するのは「空いている時間」という点です。

「孤独」とは?

「孤独」の意味と使い方について紹介します。

「孤独」の意味

「孤独」「こどく」と読みます。

意味は「家族や仲間などがなく、ひとりぼっちであること」「仲の良い人がいなくて寂しいこと」です。

「孤独」の使い方

「孤独」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「家族や仲間などがなく、ひとりぼっちであること」という意味で、「天涯孤独の身」などと言います。

2つ目は「仲の良い人がいなくて寂しいこと」という意味で「孤独感に包まれる」などと言います。

上記に共通するのは「身近に親しくできる人がいない」という点です。

「ひま」と「孤独」の違い!

「ひま」「空いている時間」「退屈な時間」です。

「孤独」「一人で寂しいこと」です。

まとめ

今回は「ひま」「孤独」の違いをお伝えしました。

「ひまは空き時間」「孤独はひとりぼっち」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典