スポンサーリンク

「アウター」と「トップス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アウター」と「トップス」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アウター」「トップス」はどちらも「上半身に着る衣類」というイメージがありますが、細かな意味が異なります。

双方の正しい意味を知って、日常の着こなしや買い物などの際に役立てましょう。

この記事では、「アウター」「トップス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アウター」とは?

「アウター」はいわゆる「上着」のことで、「衣類の中で最も外側に身に着けるもの」を指し、英語の“outerwear”(アウターウェア)が短縮された表現といわれています。

衣服の中で「アウター」に分類されるアイテムは、「コート」「ジャケット」「パーカー」「ブルゾン」「カーディガン」などです。

また、コートとカーディガン両方の機能を持つ「コーディガン」もアウターに含まれます。

「トップス」とは?

「トップス」は、英語で「上半身に着る衣類」を意味する“top”の複数形が日本語として定着した言葉とされています。

日本語における「トップス」の意味は「上半身に着る衣類の総称」で、「シャツ」「インナー」「カットソー」「ニット」などのほか「上着」「トップス」の一部に含まれます。

「アウター」と「トップス」の違い

「アウター」「トップス」は双方とも上半身を装う衣類を意味しますが、詳細な意味やそれぞれの言葉に属する服の種類に違いがあります。

「アウター」はいわゆる「上着」「羽織もの」のことで、「コート」「ジャケット」など身体の外側を覆う衣類のことを指します。

一方、「トップス」「上半身に着る衣類すべて」を示し、「シャツ」「ブラウス」など数多くの種類があるほか「アウター」もその中のひとつに含まれます。

次に、「アウター」「トップス」の違いを分かりやすく解説します。

「アウター」の例文

「アウター」「最も外側に身に着ける衣服」を意味し、「コート」「ジャケット」などをまとめて言う際に使用される言葉です。

馴染みのある言葉なので、日常生活の様々な場面で使われています。

・『今年はグレーやネイビーなど寒色系のアウターが流行るらしい』
・『去年買ったアウター、可愛いけどデザインが個性的すぎて今年着るのは抵抗があるかもしれない』
・『自分に合うアウター選びのポイントは、着丈とサイズ感にあります』
・『アウターは他の衣類よりコストがかかるので、慎重に考えて選びたい』

「トップス」の例文

「トップス」「上半身に着るもの全て」を指した言葉で、「アウター」「トップス」の一部にカテゴライズされます。

なお、「トップス」が意味する衣服のジャンルが幅広いため、状況によっては「トップス」という言葉を使わずに「シャツ」「ブラウス」などより具体的な名称を使用する場合もあります。

・『今季欲しいトップスは、ふんわりしたブラウスとボーダーのカットソーだ』
・『世の中には数多くのトップスがありますが、着る人の骨格によって似合う素材やデザインが異なります』
・『持っていて便利なトップスは上品なニットとカジュアルなカットソーだ』
・『トップスはできるだけベーシックな色合いを選ぶとコーディネートしやすい』

まとめ

「アウター」「トップス」は機能が似ているため意味も同じと思いがちですが、厳密には異なった意味を持つ言葉です。

両者の詳細な意味を知ることで、それぞれが指すファッションアイテムをスムーズに認識できるようになるでしょう。

言葉の豆知識としても参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典