スポンサーリンク

「アリバイがない」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アリバイがない」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アリバイがない」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アリバイがない」とは?意味

「アリバイ」とは、テレビドラマや推理小説などでよく耳にする言葉です。

日本語としての意味は「現場不在証明」と言います。

事件が発生した際に、その犯行現場に居たか居なかったかという事が犯人を捜す上で重要になり、犯人と疑われる人はその場所に居なかった事を証明する必要があり、犯人を捜す側は疑っている人物が犯行時刻に犯行現場に居たか居なかったかという事を調べるのが、犯人特定への重要な一歩となります。

「アリバイがない」とは、事件が起こった時間に、別の場所に間違いなくいたという証明が出来ていない状態を指す言葉です。

そのため「アリバイがない」人物は真っ先に事件への関与が疑われる事になる上、捜査する側にとっても「アリバイがない」事は重要な証拠となり得ます。

「アリバイがない」の概要

「アリバイ」とは、犯罪などの事件が起こった時間に犯行現場に居たか居なかったかという「現場不在証明」をラテン語から由来した言葉です。

「アリバイがない」人は、犯行現場に居たかもしれないとも捉えられるため、犯人の候補として重要な証拠になります。

逆に「アリバイがある」人は、犯行時刻に現場に居なかった事が物理的に証明されるため、犯行をしていないという確固たる証拠になります。

「アリバイ」を証明するには、自分以外の第三者の証明が重要で「一人、自宅で過ごしていた」などは「アリバイ」としては薄く、別の場所で過ごしている事が監視カメラなどに映像に映っていたり、大勢の第三者に目撃されていたりすれば強い「アリバイ」がある事になります。

「アリバイがない人」はそのような証拠がないため、真っ先に犯行が疑われる理由となってしまいます。

「アリバイがない」の言葉の使い方や使われ方

「アリバイがない」という言葉を一番耳にするのは、実際の警察などからからではなく、テレビドラマではないでしょうか。

ドラマ内で事件が発生し、それを刑事役や探偵役が犯人を追い詰める、いわゆるミステリードラマやサスペンスドラマです。

作中にて犯人は「アリバイがない」事で探偵や犯人からの追及を避けるために、「アリバイ」を偽装し「アリバイがあった」事にして探偵役や警察役からの犯人の追及を免れます。

視聴者はこの「アリバイ偽装」の謎を解いたり、物語終盤で探偵や刑事役が名推理をして「アリバイ偽装」のトリックなどを解明するのを楽しむのが、ミステリードラマの一つの醍醐味となっています。

現実世界でも犯罪などの事件性がない場合で「アリバイがない」という言葉は使用されます。

例えば不倫や浮気を疑われた場合に、原因として「アリバイがない」事をパートナーに追及されたりする際に使用されます。

「アリバイがない」を使った例文

・『犯行時刻にアリバイがない君が今回の事件の犯人だ』
・『僕はその時間、犯行現場から10㎞離れた場所に友人3人といた為、アリバイがないとは言えないだろう』
・『アリバイがない彼は犯行を断固として否定しているが、それを証明する事は難しいだろう』

まとめ

「アリバイがない」とは、「現場不在証明」という意味の「アリバイ」が証明できていないという意味です。

人間は同時に違う2つの場所に存在する事は不可能なため、確固たる「アリバイ」が証明されれば真っ先にその事件の犯人のリストからは外れますが、「アリバイがない」事は、犯行の関与が疑われる最初のきっかけとなってしまいます。

現実世界で「アリバイ」という言葉を聞く機会はなかなかありません。

殆どは創作の世界で聞く事になる言葉になりますが、その際は「アリバイ」のある・なしを推理してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典