「サブスク」と「レンタル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「サブスク」と「レンタル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サブスク」「レンタル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「サブスク」とは?

「サブスク」の意味と概要について紹介します。

「サブスク」の意味

「サブスク」とは、「月額料金を支払うことであるサービスを利用する権利を得るサービス」のことです。

「サブスク」の概要

「サブスク」とは、英語の“suscription”が日本語化した言葉で、「定額制」「定期購読」などの意味があります。

その商品やサービスに涼気を支払うのではなく、その商品やサービスをある期間利用できる権利に対して料金を支払うことを言います。

一般的には「定額制」のサービスの全般のことで、以前は新聞や雑誌の定期購読に使われていましたが、現在では主にインターネットでコンテンツを視聴でるサービスに使われています。

また、「定額制」で利用できるあらゆるサービスに使われる様になっています。

「レンタル」とは?

「レンタル」の意味と概要について紹介します。

「レンタル」の意味

「レンタル」とは、「特定の商品やサービスを一時的に料金を支払って使える様にすること」です。

「レンタル」の概要

「レンタル」は、特定の商品やサービスに対して、期間限定で使い、返却したり買取をすることを前提としたサービスを言います。

その商品やサービスに対して料金が発生して、車やビデオ、DVDなど、利用したら返却したり、気に入ったら買い取るなどが選べます。

「サブスク」が、あれこれと品物を変えて利用できるのに対し、「レンタル」は、一つのものに集中して料金制で借りて利用する時に使われるのです。

「サブスク」と「レンタル」の違い!

「サブスク」「定額制で商品やサービスを利用する権利を持つこと」です。

「レンタル」「料金制で一時的に商品を利用して返却すること」です。

まとめ

今回は「サブスク」「レンタル」の違いをお伝えしました。

「サブスクは定額で利用できる」「レンタルは料金を払って利用して返す」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典