スポンサーリンク

「ブラウザバック」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブラウザバック」とは?IT用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスシーンはもちろん、日常でもカタカナ語はよく使われています。

しかし、なんとなく使っていても、意味がよく分からない言葉があるのではないでしょうか。

この記事では、「ブラウザバック」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ブラウザバック」とは?意味

「ブラウザバック」とは、パソコンなどで一つ前の画面に戻る操作を意味します。

ブラウザは、インターネットを閲覧するために使用するソフトのことで、“Google Chrome”“Safari” など多くのブラウザが存在します。

バックは、戻るという意味で、ブラウザと一緒に使うことで一つ前のWEBページ・画面に戻るという言葉になります。

「ブラウザバック」の言葉の使い方や使われ方

例えば、今見ている画面から一つ前の画面に戻りたいとき、通常左上に配置されている左向きの矢印を押すことで一つ前のページ・画面に戻ることができます。

(パソコンの場合) この操作を「ブラウザバック」と言い、インターネットを閲覧する際によく行う操作の一つです。

また、SNS上では「ブラウザバック」を自分が見たくない・避けたいWEBページを避けるという意味でも使われています。

単に操作を指す言葉としてではなく、自分自身の行動を表す言葉としても存在しているため、言葉の幅が広がっています。

「ブラウザバック」の類語や言いかえ

ブラウザバックの類語は、「リロード」「リフレッシュ」です。

意味は、WEBブラウザのリフレッシュ、更新をすることを指します。

WEBブラウザの調子が悪いときなど、画面・ページに不調があるときによく使う言葉です。

また、ブラウザバックをわかりやすく前の画面・ページに戻る、戻るなどと言いかえることもできます。

「ブラウザバック」を使った例文(使用例)

・『検索結果の画面に戻りたいときは、ブラウザバックをしてください』
調べたい言葉などを検索すると、検索結果が一覧となって出てきます。

見たいサイトを閲覧し、再度検索結果画面に戻りたいときは、ブラウザバックをすることで検索結果画面を見ることができます。

・『手続き中にブラウザバックをしたら、今まで入力していた内容が消えてしまいます。』

通信販売やインターネット上での手続きを行う際、ブラウザバックをすると一つ前の画面に戻り手入力していた内容が消えてしまいます。

通常、手続きを行う画面内に戻るボタンがあるので、そこで画面を戻るようにしましょう。

・『この投稿を見たくなければ、ブラウザバックをしてください。』

主にSNS上で見かける言葉です。

不快な内容や苦手な内容を見たくない場合、自己防衛するためにもブラウザバックをしましょう。

まとめ

「ブラウザバック」はインターネットを利用するときには必要な操作です。

また、仕事や日常生活でもよく見聞きする言葉でもあります。

カタカナ語は意味が分かりづらいと感じるかもしれませんが、ここでしっかり「ブラウザバック」を理解して、正しく使えるようになりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典