スポンサーリンク

「ポリエステル」と「ポリウレタン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ポリエステル」と「ポリウレタン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ポリエステル」「ポリウレタン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ポリエステル」とは?

「ポリエステル」とは、「ペットボトルと同じPET(ポリエチレンテレフタレート)を原料にしてつくられた機能性の高い合成繊維」です。

「ポリエステル」は主に「衣料品に使われる合成繊維」ですが、機能材の織り込みなどで「UV吸収・遮熱性・吸水性・速乾性」の機能を持っています。

「ポリエステル」には、「軽量で経年劣化に強い・湿気やカビを防ぐ防水性が高い」などの特長も備わっています。

「ポリウレタン」とは?

「ポリウレタン」とは、「イソシアート基と水酸基の化合物からつくられウレタン結合を持っている合成繊維」です。

「ポリウレタン」「衣料品+スポンジ・断熱材・防音材に使われる合成繊維」ですが、元々の長さの約6倍まで伸びる「伸縮性」を持っています。

「ポリウレタン」には「経年劣化が進みやすい・紫外線や水に弱いなどの特徴」があるため、その寿命は製造日から約3年ほどであるとされています。

「ポリエステル」と「ポリウレタン」の違い!

「ポリエステル」「ポリウレタン」の違いを、分かりやすく解説します。

「ポリエステル」「ポリウレタン」はどちらも「衣料品に使える機能性がある合成繊維」ですが、「ポリエステル」のほうが「ポリウレタン」よりも「防水性・耐久性が優れている」という違いがあります。

「ポリウレタン」「ポリエステル」よりも経年劣化しやすいのですが、ゴムを代替する伸縮性に優れている違いも指摘できます。

「ポリエステル」「衣料品」に使われますが、「ポリウレタン」「衣料品以外のスポンジ・断熱材・防音材」にも使われる違いもあります。

まとめ

「ポリエステル」「ポリウレタン」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ポリエステル」とは「ペットボトルのPETを原料にしてつくられたもので、さまざまな機能を追加しやすい合成繊維」を意味していて、「ポリウレタン」「イソシアート基と水酸基の化合物からつくられていてウレタン結合を持っている、伸縮性のある合成繊維」を意味している違いがあります。

「ポリエステル」「ポリウレタン」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典