スポンサーリンク

「マチネ」と「ソワレ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マチネ」と「ソワレ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マネチ」「ソワレ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マネチ」とは?

「マネチ」とはフランス語では、朝、午前という意味があり、つづりは“matinee”です。

舞台用語では昼の公演を指します。

ミュージカル、バレエ、オーケストラなど、文化的な公演で使用されています。

舞台では、昼の公演と夜の公演がありますが、昼の公演の方が料金が安く設定されていることがあります。

「ソワレ」とは?

「ソワレ」はフランス語では、夕方や日の暮れた時間帯を意味し、つづりは“Soiree”です。

舞台用語では夜の公演を指します。

また、「ソワレ」には婦人用の夜会服という意味と、夜会という意味もあります。

どのような意味で使われていても、「夜」が関係をしています。

「マネチ」と「ソワレ」の違い

「マネチ」「ソワレ」の違いを分かりやすく解説します。

フランス語で「マネチ」は昼のこと、「ソワレ」は夜のことです。

舞台用語で使われる場合は、「マネチ」は昼の公演、「ソワレ」は夜の公演を意味します。

この2つは対をなす言葉です。

昼の公演と夜の公演をつなげて見る場合には「マチソワ」といいます。

まとめ

「マネチ」「ソワレ」は対になる言葉です。

反対の意味で使ってしまうと、本来の意味とはまったく違ったものになってしまうので、注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典