スポンサーリンク

「メーカー推奨」とは?意味や言葉の使い方など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メーカー推奨」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メーカー推奨」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「メーカー推奨」とは?意味

「メーカー推奨」は、メーカー側が動作や機能性を保証した商品を使用するのが望ましいという意味です。

つまり、メーカーが保証していない推奨外の商品を使用した場合、故障を引き起こしたり動作が不安定になるため、メーカー側は完全に動作するものは、「メーカー推奨品」という言葉を使用して差別化をしているのがこの言葉を商品に記載する理由になります。

その上で、「メーカー推奨」はメーカー自社のことを指すか、提携先の商品群のことを指します。

「メーカー推奨」の概要

「メーカー推奨」は、実のところ、自社の製品が優れているが故それを使用するのが望ましいという意味です。

何故なら、推奨という意味は、他よりも優れているからそれをお勧めするという意味になるため、自動車のメンテナンス用オイルなどは、各自動車会社が自らの会社のメンテナンスオイルを推奨しています。

つまりは、自社の製品に対して自信があるが故、他者のメーカーのオイル群を推奨しないというのが、「メーカー推奨」の意味になります。

よく、メーカー側が自社の製品を指定するのは自社の製品を売りつける口実であるとする方もいますが、実際は、他者の製品を使用するとどうなるか分からないということの表れで、自分の会社の作った製品が一番優れているという表れから、「メーカー推奨」は自社を推奨することになっているのです。

なお、「メーカー推奨」は、他者の製品が推奨される候補にもなりますので必ずしも、メーカー側は、自分たちの製品がすべて上だという考えを持つ企業ばかりではないです。

「メーカー推奨」の言葉の使い方や使われ方

「メーカー推奨」は、その企業が優れていると太鼓判を押した商品に使用される言葉です。

「メーカー推奨」を使った例文

・『自動車のオイルは、自社がメーカー推奨オイルだ』
この例は、自動車のメンテナンス用のオイルは、自動車を製造している自社の純正オイルがメーカー側が太鼓判を押している商品だという例です。

これは、自動車メーカー側が他社のオイルについては純正と異なる添加物を含んでいるが故、動作がどうなるか分からないということを示したうえで、自分たちのオイルの方が優れているが故、おすすめだと言っています。

まとめ

「メーカー推奨」はいわば自らの企業の製品に自信があることの表れで、お手入れに使用する用具などにおいても、「メーカー推奨」品が存在するのは、他者の製品は実のところ劣っている可能性があり、どうなるか分からないということの表れです。

無論、会社によっては、お手入れにおいて推奨品がないメーカーも実は存在しますが、そうした会社は稀で多くは、自分たちの会社のメンテナンス用品が他社よりも優れていると言っていますので「メーカー推奨」品とは、実質、販売しているメーカー企業が製造している商品群すべてを指すのです。

要は、純正品という物がメーカーが定める「メーカー推奨品」にあたります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典