スポンサーリンク

「事件」と「事案」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「事件」と「事案」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

注目のニュースなどでよく使われてる言葉としては「事件」「事案」があります。

かなり似ている言葉なので意味の違いが分かりづらいものであり誤用されることも多いのが特徴です。

この記事では、「事件」「事案」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「事件」とは?

「事件」は主に現在発生した出来事や話題になっているニュースを表す時に使います。

社会問題や犯罪など悪い出来事に関して使われることが多いのですが、それ以外の場合にも使用することが可能です。

「事件」に関しては警察や法律などが関与しているものが多く、その場合には法令上の区分として「事件」を使うことが可能です。

一般的な意味での「事件」は個人的な出来事を表す時にも使えます。

最新のニュースや話題になっているトピックなどの「事件」は日常的な会話でも話のタネになることが多く、また「事件性」が薄かったりないものでも、個人的に感情が動いた出来事を「事件」として表現することが可能です。

「事件」の類義語としては「事件性」というものがあり、こちらはより悪い意味で使用されることが多いのが特徴です。

犯罪などの「刑事事件」や不法行為などの「訴訟事件」「事件性」が高いものとなり、専門の組織によって解決されます。

「事案」とは?

「事案」は主に該当の対象が問題になっている事柄を示すことが多く、それは将来的に問題になる可能性がある出来事にも使うことが可能です。

現在問題視されている出来事や事柄は将来的に「事件」になる可能性を含むものとして見なされますが、「案ずる」という言葉が使われているので心配するという感情を含むのが特徴です。

「事案」は現在進行形で起こっている出来事にも使用できますし、これから将来的に起こりうる出来事を案じて使うこともできます。

事件未満の出来事に対しても「事案」を使えますし、警察官などが特定の「事案」に対して見回りや職務質問を強化するという光景はよく見られるものです。

「事案」はこのように未然の出来事に対しても使用可能であり、これが転じてインターネットのスラングとして使われるようにもなりました。

こちらは不審な行動や言動などを揶揄して「事案」と示すものであり、自虐的な表現としても使われます。

「事件」と「事案」の違い

「事件」は実際に発生している出来事や犯罪などを表し、危険性が高いものは警察や法律などによって適切に解決されるものです。

「事案」「事件」未満のものを表す時に使い、現在起きている出来事以外にも将来起こりうる事柄に対しても使えます。

「事件」の例文

・『殺人事件が発生した屋敷に刑事が到着し、捜査が始まった』
・『事件に巻き込まれた人々のショックは相当なものだったが、地元医のおかげで大分回復したそうだ』

「事案」の例文

・『不審者からの声掛け事案があり、保護者に対して注意するようにとのプリントが配られた』
・『個人情報漏洩の案件が発生したので、昨日は残業でみっちりと対策して疲れました』

まとめ

「事件」「事案」はどちらも現在問題になっている出来事を示しますが、「事案」の方がより広範囲で使用することが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典