スポンサーリンク

「人望」と「人脈」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人望」と「人脈」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「人望」「人脈」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「人望」とは?

「人望がある」「人望がない」、といったように表現されることの多い「人望」

人に対し使用される言葉で、その人が信頼できる人、周りの人から慕われている人、評判が良い人、評価が高い人、立派な人、人気のある人、などを指す言葉として用いられています。

類義語には、名望(めいぼう)/声望(せいぼう)/信望(しんぼう)/徳望(とくぼう)/信用(しんよう)などがあります。

「人望」の使い方

「人望」は、ある、ない、といった使い方のほか、「人望」が厚い、薄い。

「人望」を得る、失う。

「人望」を集める、「人望」が落ちる、などといった使い方があります。

そのほか、「仲間からの人望」「生徒からの人望」「先生の人望」などといった使い方もあり、誰から「人望」があるのかといったことを意味しています。

「人脈」とは?

人と人とのつながりを意味する「人脈」

「人脈」の場合も、「人望」同様、「人脈」がある、ない、といった使い方となります。

単に知り合いやクラスメイトといったつながりだけではなく、団体や組織、集団などで同じ考えを持つ人、利害関係が同じ人とのつながりを「人脈」と言います。

「人脈」の類義語には、網状組織やネットワークが挙げられ、また、「顔が広い」といった言葉も「人脈」と同じ意味で用いられる言葉となります。

「人脈」の使い方

「人脈」は、ある、ない、といった使い方のほか、「人脈」を広げる、「人脈」を作る、「人脈」が厚い、などがあるほか、「人脈作り」「人脈の限界」などがあります。

「人望」と「人脈」の違い

第三者からの評価であるか、人とのつながりであるか、といった違いがある「人望」「人脈」

その人自体に魅力があり、周りの人が慕っている様子を「人望」と言い、その人の魅力など関係なく、多くの人とつながることを意味する言葉が「人脈」となります。

とは言っても、その人自身に魅力がなければ、相手も仲良くなりたいと思いません。

そのため、「人脈」を広げるためには、「人望」も必要であると言え切っても切り離すことができない関係性が、ここにはあります。

「人望」の例文

・『人望が厚い人の周りには、自然と人が集まってきます。』

・『今の部長は、本当に人望がなくて困ります。』

・『私も上司のように人望がある人になりたいと憧れています。』

・『人望が厚い先生は、クラスでも人気者の先生です。』

「人脈」の例文

・『私が都市部の大学に進学した理由は、将来につながる人脈作りを行いたいと思ったからです。』

・『ビジネスにおいて、人脈は宝だと言えます。』

・『パーティーへの参加は面倒だが、人脈作りには欠かせない場所となるため、必ず出席するようにしています。』

・『人見知りの性格の人が人脈を広げることは、そう簡単なことではありません。』

まとめ

以上が「人望」「人脈」の違いです。

意味としては、以上のような違いがあるものの、切手も切り離すことができないのが「人望」「人脈」であるとも言える関係性を持つ両者となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典