「伝受」と「伝授」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「伝受」と「伝授」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「伝受」「伝授」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「伝受」とは?

「伝受(でんじゅ)」とは、「教え(知識)・技能などを人から伝えてもらって受けること」を意味している言葉です。

「伝受」という表現は特に、「師匠(先生)から奥義・秘術・コツなどを教えてもらって受けること」を意味しているのです。

例えば、「食材の味を引き立てるこの秘密のタレは、以前働いていたお店の店主から伝受したものです」といった例文で使うことができます。

「伝授」とは?

「伝授(でんじゅ)」とは、「教え(知識)・技術などを人に伝えて授けること」を意味している表現です。

「伝授」という言葉は特に、「師匠(先生)から弟子へと奥義・秘術・コツなどを教えて授けること」を意味しています。

また「伝授」には、「教えて授けた内容」の意味もあります。

例えば、「信頼している長年教えてきた弟子に空手の奥義を伝授しました」などの文章で使用されます。

「伝受」と「伝授」の違い!

「伝受」「伝授」の違いを、分かりやすく解説します。

「伝受」「伝授」はどちらも「でんじゅ」と読む同音異義語ですが、非常によく似た意味を持っていて混同しやすい二つの言葉になっています。

「伝受」という言葉は「(特に師匠から)奥義や秘術などを伝えてもらって受けること・伝授してもらうこと」を意味していますが、「伝授」のほうは「(特に師匠が弟子へと)奥義や秘術などを伝えて授けること・教えて授けること」を意味している違いを指摘できます。

「伝受」「受」には「受ける」の意味があり、「伝授」「授」には「授ける」の意味があるので、その違いに着目すれば「伝受」「相手から教え・技術などを教えてもらって受けること」「伝授」のほうは「教え・技術などを相手に教えて授けること」という意味の違いを理解することができます。

まとめ

「伝受」「伝授」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「伝受」とは「教え・技能などを伝えてもらって受けること」を意味していて、「伝授」「教え・技能などを伝えて授けること」「師匠が弟子に奥義などを教えて授けること」を意味している違いがあります。

「伝受」「伝授」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典