スポンサーリンク

「侮蔑」と「軽蔑」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「侮蔑」と「軽蔑」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「侮蔑」「軽蔑」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「侮蔑」とは?

他人をさげすむこと、馬鹿にすること、を意味する「侮蔑」

他人に対し、自分よりも能力が怠っている、人格が怠っている、など、自分より格下のものであるということを示す言葉となります。

しかも、「侮蔑」の場合は、非常に強く他人のことを馬鹿にする、さげすむ、ものとなります。

また、「侮蔑」の場合、会話で用いられることは少なく文章語的となります。

このような「侮蔑」の類語には、「卑しめる」「蔑する」「見下す」「小馬鹿」「侮辱的」などがあります。

「侮蔑」の使い方

「侮蔑」には、「侮蔑的」「侮蔑の目」「侮蔑の色」「侮蔑の言葉」などといった使い方があります。

文章中で用いる場合、「侮蔑する」「侮蔑された」「侮蔑を受ける」といった使い方となります。

「軽蔑」とは?

他人をさげすむこと、馬鹿にすること、を意味する「軽蔑」

「軽蔑」の場合、いやしいものや劣ったものなどとみなしたものに対し用いられる言葉となります。

この「軽蔑」の場合、あまり深い意味として考えずに使用されることが多く、会話の中でも「軽蔑します」といったように直接、相手に対し用いられることも少なくありません。

このような「軽蔑」の類語には、「小ばか」「見下す」「軽視」「蔑視」などがあります。

「軽蔑」の使い方

「軽蔑した態度」「軽蔑の表情」「軽蔑したような」「軽蔑の念」「軽蔑にも値しない」「軽蔑すべき」などといった使い方があります。

会話の中や文章中で用いる場合、「軽蔑する」「軽蔑された」「軽蔑を受ける」「軽蔑を表す」といった使い方となります。

「侮蔑」と「軽蔑」の違い

他人を馬鹿にする、さげすむ、といった意味では同じ言葉となる、「侮蔑」「軽蔑」

ただ、「軽蔑」に比べ「侮蔑」の方がより強く他人を馬鹿にする、さげすむ、際に用いられる言葉となるため、使用する際には注意が必要です。

また、「侮蔑」の場合、会話の中で用いられることはなく文章語的となります。

「侮蔑」の例文

・『今回の件で、心の底からあなたのことを侮蔑しています。』

・『彼の侮蔑的な発言は許すことができません。』

・『上司から侮蔑するような発言をされ、非常にショックを受けています。』

・『彼女は、なぜか、人を侮蔑するような態度をとってしまうようです。』

「軽蔑」の例文

・『彼は、いかにも私を軽蔑した笑い方をするので気に食わない。』

・『時間やお金といった大切なことにルーズな彼を軽蔑しています。』

・『あの人は、軽蔑にも値しない人です。』

・『私は、嘘をつく人を軽蔑しています。』

まとめ

「軽蔑」に比べ、あまり使用されることが少ない「侮蔑」

「侮蔑」の方がより強く相手を馬鹿にする、さげすむ、といった意味となるため、使用する際には特に注意が必要な言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典