「保有」と「保管」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「保有」と「保管」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「保有」「保管」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「保有」とは?

「保有」の意味と使い方について紹介します。

「保有」の意味

「保有」「ほゆう」と読みます。

意味は、「自分のものとして、手放すまで持っていること」という意味です。

「保有」の使い方

「保有」は、自分の所有物として、あるところに持っていることを言います。

現在自分ですぐに使える状態でなくても、それに対する所有権があれば「保有している」と言います。

「所有」と違う点は、長期間、または一生自分のものという訳ではなく、将来的に手放す可能性があるものに対して使う可能性があるという点です。

「株を保有する」「社有車を保有する」など、現在持っていても状況が変わればすぐに手放すことが可能であることを表す言葉です。

「保管」とは?

「保管」の意味と使い方について紹介します。

「保管」の意味

「保管」は、「ほかん」と読みます。

意味は「あるものを預かり、破損したり失くしたりしない様に維持すること」です。

「保管」の使い方

「保管」は、自分の所有物ではないものを、預かって大切に維持することを言います。

自分の所有物である場合、一時的にどこか決まった場所にしまっておき、人前に出さないことという意味になります。

大切なものである場合、場所に気を遣い、場合によってはお金をかけて業者に預けたり、警備を付けることもあります。

しっかりと保存・管理しながら、いざという時にはすぐに使える状態にしておくことも含みます。

「保有」と「保管」の違い!

「保有」は、「自分の物として、手放すまで持ち続けること」です。

「保管」は、「大切なものを、破損したり失くしたりしない様に保存・管理すること」です。

まとめ

今回は「保有」「保管」の違いをお伝えしました。

「保有は手放すまで持っている」「保管は大切にしまっておく」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典