スポンサーリンク

「偉業を成し遂げる」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「偉業を成し遂げる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「偉業を成し遂げる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「偉業を成し遂げる」とは?意味

「偉業を成し遂げる」とは、人々・社会に貢献するような偉大な事業をやり遂げることや、大きな成果につながる立派な仕事をやり終えることを意味しています。

ここで言う「偉業」とは、歴史や記録や人々の記憶に強く残り社会に影響を与える様な偉大な仕事や事業を指しています。

「偉業を成し遂げる」の概要

「偉業を成し遂げる」における「偉業」は、先に歴史や記録や人々の記憶に強く残り社会に影響を与える様な偉大な仕事や事業と記載しましたが、もちろんある程度漠然とした言葉で、はっきりとした定義はありません。

それでも人々の多くが「偉業」だと思う事を成し遂げた人や組織は、並外れたアイディアや努力の末に、それを達成した事には違いがありません。

従って、そうした「偉業」とまでは行かなくても、一般の人にとっても「偉業を成し遂げた人や組織」から学ぶべき点は数多くあり、そうした分析・研究もされて、色々と発表されています。

「偉業を成し遂げた」人には、天分の才能と、時の運もあった事は指摘されています。

これは、一般人が努力によって獲得する事は出来ません。

しかし才能や運にプラスして、「偉業を成し遂げた」人には共通点があり、これは私達一般人でも成果を上げるために見習う事ができるとも分析・指摘されています。

そのポイントは、知能は必ずしも偉業と結びつかない点、また当たり前のことを成功するまでやり抜く力が重要である点であるとされています。

すなわち、才能がなくても、当たり前のことを成功するまでやり抜く力があれば、一定の成果を上げられる事が指摘されているのです。

成功するまでやり抜く力とは、単純に同じことを惰性のように反復するのではなく、少しづつ改善しつつ物事を進め、それを継続すると言う事です。

これが実は『言うは易し、行うは難し』といえる事なのです。

私達も、それぞれの分野で、この難しい課題に向き合って、「偉業を成し遂げた」人に少しでも近づき、何かを成し遂げたいものです。

「偉業を成し遂げる」の言葉の使い方や使われ方

「偉業を成し遂げる」という慣用句は、『アインシュタインは、物理学に革命をもたらす相対性理論の構築という偉業を成し遂げた。

や『アメリカのアポロ11号は世界で初めて有人月面着陸と言う偉業を成し遂げた。』』の様に使われます。

「偉業を成し遂げる」の類語や言いかえ

「偉業を成し遂げる」は、歴史や記録や人々の記憶に強く残り社会に影響を与える様な偉大な仕事や事業を成し遂げる事を指すので、類語や言い換えとしては、『歴史に残る偉大な事業・仕事を完遂する』や『歴史に名を残す』や『記録に残る大事業を達成した』といった表現となります。

まとめ

「偉業を成し遂げる」とは、人々・社会に貢献するような偉大な事業をやり遂げることや、大きな成果につながる立派な仕事をやり終えることを意味しています。

こうした「偉業を成し遂げた」人には才能や時の運も影響していますが、それ以上に共通点とし、少しづつ改善しつつ、成功するまで努力をし続けている点が上げられています。

私達、一般人もこれを見習い、それぞれの分野で少しでも成果を上げる参考にすべきでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典