スポンサーリンク

「側」と「傍」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「側」と「傍」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「側」「傍」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「側」とは?

「側」【そば】【はた】は、ある物や人のすぐ近く、わきという意味です。

訓読みでは「側ら」【かたわら】となります。

「側」という漢字の成り立ちを見てみると、人を表す「にんべん」「則」で構成される会意文字、形声文字になっています。

「則」は物事のおきてを表し、「側」は人の生活を司るおきてのように人のすぐ近くにある存在を意味します。

また、「則」はかなえという器の横に刀を添えている様子を表し、「側」は物のふち、はしに存在するというニュアンスを含みます。

「側」【そば】は、ある物や人から物理的に距離が近いことを表している言葉です。

そのことは「がわ」と読んだ際に「表側」「北側」「右側」のように、ある対象から見た位置や方向を、規則やものさしに沿って事実を示していることからも理解できます。

「側」の類語には「脇」「周辺」「近辺」などがあります。

これらはある物からの距離が遠くないことを表している点が「側」と共通しています。

「側」の例文

・『池のすぐ側にしょうぶの花が咲いている』

・『愛犬はいつも私の側に寄り添っている』

「傍」とは?

「傍」【そば】【はた】は、ある物や人のすぐ近く、わきという意味です。

訓読みでは「側ら」【かたわら】となります。

「傍」という漢字の成り立ちを見てみると、人を表す「にんべん」と寄り添うことを意味する「旁」で構成される会意文字、形声文字になっています。

「旁」そのものがそば、かたわらという意味を持ち、「傍」はある対象のすぐ近くにあることを表しています。

また「旁」は寄り添うことを表すことから、「傍」はある対象のわき、少しだけずれた所にあるというニュアンスも含みます。

「傍」【そば】はすぐ近くであることを表す言葉です。

ただし、ものさしや規則に沿って示している事実ではなく、抽象的な近さを指しています。

「傍」を使った熟語には「近傍」「路傍」など、かたわら、周りにあることを漠然と指した言葉が多いことからもそのことが想像できます。

「側」と同様に、類語は「脇」「周辺」「近辺」などが挙げられます。

「傍」の例文

・『友人が言い合いしている様子を傍でじっと見ている』

・『その交番の傍にはラーメン屋があったはずだ』

「側」と「傍」の違い

「側」「傍」の違いを、分かりやすく解説します。

「側」「傍」はどちらも「そば」「はた」と読み、すぐ近く、わきという同じ意味を持っています。

微妙なニュアンスの違いは、「側」のほうが方向や距離の近さを事実として明確に表しているところ、「傍」のほうがやや漠然としたニュアンスを持つところです。

ただし実際に使われる場合に、違いはほとんど意識されていません。

「そば」の漢字表記が一般的ではないことからも、判別に迷う場合は「そば」とひらがな表記するのが無難です。

まとめ

「側」「傍」は読み方と意味が同じで、両者の違いはほとんどありません。

「側」「傍」と漢字で表記しても先方が「そば」と読まない可能性があるので、状況によっては「そば」とひらがなで表記したほうが分かりやすい文になるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典