「前社長」と「元社長」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「前社長」と「元社長」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「前社長」「元社長」の違いを分かりやすく説明していきます。

「前社長」とは?

「前社長」の意味と概要について紹介します。

「前社長」の意味

「前社長」「ぜんしゃちょう」と読みす。

意味は「今より一代前の社長」「今の社長になる前の社長」です。

「前社長」の概要

「前社長」は、「前+社長」で成り立っています。

「前」には「今よりひとつ前のこと」「現状になる前のこと」「2つに分かれた時に前の方のこと」という意味があります。

つまり「前社長」で、「今の前の社長」で、代替わりする前に社長職にあった人のことになります。

因みに、「前」が付くのは、役職の中でも「その世代に一人しかいないポジション」のことを言います。

「社長」は会社に一人しかいませんので、「前」が使えます。

その他にも「総理大臣」「大統領」「会長」など、その時期に一人しか選ばれない人に対して使われます。

「元社長」とは?

「元社長」の意味と概要について紹介します。

「元社長」の意味

「元社長」「もとしゃちょう」と読みます。

意味は「過去に就任していたことのある社長全て」です。

「元社長」の概要

「元社長」「元+社長」で成り立っています。

「元」「以前の」「昔の」という意味があります。

つまり「元社長」で、「以前の社長」「過去の社長」という意味で、歴代社長として就任していたことのある人全てのことを言うのです。

因みに、「元」はその時の唯一のポジションだけでなく、複数いるポジションに対しても使われます。

例えば「元警官」「元消防士」「元弁護士」などがあります。

「前社長」と「元社長」の違い!

「前社長」「今の社長になる前の社長」です。

「元社長」「過去に就任していたことのある社長全て」です。

まとめ

今回は「前社長」「元社長」の違いをお伝えしました。

「前社長はひとつ前の社長」「元社長は歴代の社長全て」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典