スポンサーリンク

「卒業論文」と「卒業研究」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「卒業論文」と「卒業研究」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「卒業論文」「卒業研究」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「卒業論文」とは?

「卒業論文(そつぎょうろんぶん)」とは、「卒業研究のテーマを設定して研究を行い、その成果や結果・意味の解釈を学術的な形式・体裁を整えて論文にしたもの」を意味しています。

「卒業論文」は略語の「卒論(そつろん)」とも呼ばれますが、「卒業論文」「大学・短大・高等専門学校などを卒業するための必要条件の一つ」になっている学校が多いのです。

「卒業研究」とは?

「卒業研究(そつぎょうけんきゅう)」とは、「大学・短大・高等専門学校などの最終学年において、取り組まなければならない特定の研究課題を突き詰めて考えたり調べたりする研究活動」のことを意味しています。

大学4年生では卒業のための必要条件として、自分で研究課題(研究テーマ)を設定した「卒業研究」を行う必要があります。

「卒業研究」では「実験・観察・調査(リサーチ)・アンケート・論考・統計処理」などが行われますが、この「卒業研究」の成果が卒業論文(卒論)としてまとめられることになります。

「卒業論文」と「卒業研究」の違い!

「卒業論文」「卒業研究」の違いを、分かりやすく解説します。

「卒業論文」「卒業研究」はどちらも「大学・短大・高等専門学校などで最終学年においてしなければならない特定のテーマを突き詰めて考えていく活動」を意味している点では似ていますが、「卒業論文」「卒業研究の結果・成果として書かれる論文」であるという違いを指摘できます。

「卒業研究」とは「大学・短大などの最終学年において取り組むことがほぼ義務化されている、特定のテーマ(研究課題)を定めた研究活動」のことを意味していますが、「卒業論文」のほうは「卒業研究を行ってその成果や意味の解釈を形式を整えた論文として執筆したもの」を意味している違いがあるのです。

まとめ

「卒業論文」「卒業研究」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「卒業論文」とは「卒業研究のテーマを決めてその成果や結果の解釈を、論理的・科学的な形式を整えて論文にしたもの」を意味していて、「卒業研究」「大学・短大などの学生が最終学年において取り組まなければならない、テーマ設定・実験・観察・論考などを行う研究」を意味している違いがあります。

「卒業論文」「卒業研究」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典