スポンサーリンク

「友情」と「愛情」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「友情」と「愛情」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「友情」「愛情」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「友情」とは?

「友情」「ゆうじょう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「特定の友達とより強い絆を持ち、常に心がつながっている状態」という意味で、ある友達と特に親しく付き合っている様子を言います。

2つ目は「お互いに感情を共有する関係」という意味で、困った時や嬉しい時など、気持ち共有できる関係を言います。

上記に共通するのは「友達との結びつきが強い」という意味です。

「友情」の使い方

「友情」「特定の友達とより強い絆を持ち、常に心がつながっている状態」「お互いに感情を共有する関係」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「固い友情」「熱い友情」「友情の証」などと使われます。

基本的に、親しい友達と、特別に固い絆で結ばれていることに使われる言葉です。

「愛情」とは?

「愛情」の意味は以下の通りです。

1つ目は「人や物に対してかわいい、守ってあげたいと思う気持ち」という意味で、子供やペットなど、自分よりも弱くて小さなものに対して引かれる気持ちのことを言います。

2つ目は「人に対して大切にしたい、絆を大切にしたいと思う気持ち」という意味で、家族やごく親しい友人を大切にする気持ちを言います。

3つ目は「異性に対して一緒にいたいと引かれる気持ち」という意味で、恋愛関係にあり、相手と気持ちがつながりたいと思う気持ちを言います。

上記に共通するのは「相手を慈しむ」という意味です。

「愛情」の使い方

「愛情」「人や物に対してかわいい、守ってあげたいと思う気持ち」「人に対して大切にしたい、絆を大切にしたいと思う気持ち」「異性に対して一緒にいたいと引かれる気持ち」という意味で使われます。

名詞として「愛情がある・ない」「愛情溢れる・溢れた」などと使われます。

基本的に、相手を大切にしたいと思う気持ちで、家族や友達、ペットや恋人など幅広い対象に使われる言葉です。

「友情」と「愛情」の違い

「友情」「親しい友達と、特別に固い絆で結ばれていること」という意味です。

「愛情」「相手を大切にしたいと思う気持ちで、家族や友達、ペットや恋人など幅広い対象に使われる」という意味です。

「友情」の例文

・『彼女とは小学校の頃から友情が続いている』

・『彼は友情に熱い男なので、困った時には必ず助けてくれる』

・『女同士の友情は壊れ易い』

・『離れ離れになっても友情はなくならない』

「愛情」の例文

・『子供にはありったけ愛情を注いで育てたい』

・『ペットも家族の一員として愛情を持っている』

・『あのカップルは遠距離恋愛でじっくりと愛情を深めていった』

・『彼女に対する愛情はこの世の誰よりも強いと思っている』

まとめ

今回は「友情」「愛情」について紹介しました。

「友情」「親しい友達との絆」「愛情」「親しい人を大切にしたい気持ち」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典