スポンサーリンク

「各人」と「各自」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「各人」と「各自」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「各人」「各自」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「各人」とは?

「各人」とは、辞書によるとひとりびとり、めいめいの人の意味を指す言葉とあります。

『わが校の教育方針は、各人の個性を大切にする事です』や『課題のテーマは各人が自由に設定して下さい』の様に使われます。

「各自」とは?

「各自」とは、それぞれの人。

めいめい。

おのおのの意味を指す言葉と辞書に記載されています。

『弁当は各自持参してください』の様に使われます。

「各人」と「各自」の違い

「各人」とは、ひとりびとり、めいめいの人の意味で、「各自」とは、それぞれの人。

めいめい。

おのおの意味だと辞書に記載されており、全く同義語に思えます。

しかし、実際に使用される場合には、2つの言葉は使い分けられるケースが少なくないのです。

その使い分けは、「各人」はどんな場面でも、ひとりひとり、めいめいと言う意味で広く使われますが、「各自」の方は、ある組織・集団内でのひとりひとり、めいめいを指す場合に限定して使うと言うものです。

こうした事から、会社や学校で、その内部の社員や生徒・学生に対してひとりひとり、めいめいの意味で使う場合に「各自」を使い、その他一般的に使う場合に、「各人」を用いると使い分ける人が多いのです。

先に記載した様に、「各人」を会社内の社員や、学校の生徒のひとりひとりの意味で使っても、間違いではありません。

先の例文の『弁当は各自持参してください』を『弁当は各人持参してください』と置き換えても、違和感はありませんし、間違いではありません。

むしろ小学生に話すなら「各自」よりむしろ「各人」の方が意味を理解しやすいとも考えられます。

こうした事を考えると、集団内を対象に使う場合には、ケースバイケースで使い分けた方が良いとも言えます。

ただ、こうした使い分けをしているビジネスマンも少なくないので、ビジネスマンならこの習慣とも言える使い分けに従うのも、一つの方法だと思います。

特に広く一般の人を対象に、ひとりひとりの意味で使う場合には、「各自」は使わない方が無難だと言えるでしょう。

まとめ

辞書によると、「各人」「各自」も、いずれもそれぞれの人。

めいめい。

おのおのの意味を指す言葉とあり、同義語だとされています。

しかし、実際には「各自」は会社内の社員の様に、一定の組織や集団内のメンバーに対して、それぞれの人を指す場合に限定的に使うケースが多く、「各人」の方は、そうした限定なく使われる事が多い言葉だと言えます。

もちろん、一定の組織や集団内のメンバーに対して「各人」を使っても間違いではありませんし、その集団が小学生の場合などでは「各自」を使うよりも理解しやすいと言え、ケースバイケースで使い分ければ良いと言えます。

しかし会社の文章等では、会社外の広く一般を対象として、ひとりひとりの意味で使う場合には、「各自」を使う事は避け、「各人」を使う方が無難と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典