「周章狼狽」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
四文字熟語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「周章狼狽」とは

四字熟語であり「しゅうしょうろうばい」と読み、そのまま音読みをすればいいので難しい読み方ではありません。

よくテストで出題される四字熟語ですが、日常会話ではあまり使う機会がなく、馴染みのないことばでしょう。

「狼」「狽」で中国の伝説、架空の動物を差しており、「狼」は前脚が長く後ろ脚が短く、逆に「狽」は前脚が短く後ろ脚が長いので、一緒に行動しないとバランスを崩してしまいます。

「狼」「狽」常に一緒に助け合って生きていたのですが、「狼」「狽」がバラバラになってしまったのです。

その時の様子がこの言葉の語源と言われています。

「周章」はあわてふためき、動きまわることを言います。

「周章狼狽」の意味

「周章狼狽」は二つのことばに分かれます。

「周章」「狼狽」で、「周章」「狼狽」も、どちらもあわてふためくさまで同じ意味です。

このように四字熟語では同じようなことばを重ねて使う事も多く、どちらか片方だけを使ってもいいのですが、重ねることにより、より意味が強調されるからです。

「周章狼狽」の意味は、ひどくあわてて、うろたえる意味で、ただあわてるのではなく、ものすごくあわてている様子を言います。

「周章狼狽」の言葉の使い方

「周章狼狽」はあわてふためくさまを強調する言葉なので、ちょっとびっくりした程度の場面ではなく、言葉を失うような、とてもじゃないが冷静でいられない、ひどく取り乱すようなことが起きたときに使います。

人は前もって予測できないような事態におちいると、あわてふためきまが、そのような場面で使われる四字熟語が「周章狼狽」です。

うろたえる意味が含まれるので、嬉しい、喜ぶサプライズで使われることはなく、どちらかと言うと、ネガティブなショックなできごとの場面で使われます。

また、同じような四字熟語として「右往左往」があります。

「周章狼狽」を使った例文・短文(解釈)

ここでは、さらにわかりやすいように「周章狼狽」を使った例文をあげて説明します。

自分や相手がいかに驚いているかを表現します。

「周章狼狽」の例文1

芸能人が不倫現場を週刊誌にスクープされ、後日、正式に記者会見をし全否定しました。

しかし、会見の最後にさらなる証拠として、LINEのやりとりが公表されました。

芸能人は「周章狼狽」し、つじつまの合わないことを言い始め、もはや説明がつかず最終的にすべて認めることになりました。

「周章狼狽」の例文2

会社の重要なプロジェクトのリーダーを初めてまかされ、締め切り前日、深夜まで一人で残業し、ようやく資料が完成。

しかし、パソコンのエラーでデータが破損し大事な資料が消えて「周章狼狽」しました。

「周章狼狽」の例文3

突然、家の電話が鳴り、電話に出たら、夫が事故にあい救急車で搬送された知らせでした。

私は「周章狼狽」し、その時のことはよく覚えていません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
四文字熟語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典