スポンサーリンク

「商業」と「流通業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「商業」と「流通業」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「商業」「流通業」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「商業」とは?

「商業(しょうぎょう)」とは、「商人が行っている商品の売買に関連する経済活動全般」を意味しています。

広義の「商業」は、「経済の循環システムを前提にした、生産・消費・流通に関連する流通経済の活動領域の全体」を意味しています。

狭義の「商業」は、「営利目的の個人・企業が、商品を生産するのではなく仲介して売買すること」を指しています。

「商業」の使い方

「商業」は、狭義では「仕入れた商品を販売して利益を得ること」「営利目的でモノを売る経済活動」を意味して使われます。

広義の「商業」は、「商品の生産・流通・消費との関わりがある経済システムの全体的領域」を指して使う使い方になります。

「流通業」とは?

「流通業(りゅうつうぎょう)」とは、「経済循環を前提にして、商品・製品の流通に関わる仕事やその業界」を意味しています。

「流通業」には「商品を流通させて消費者の元に届けるビジネス」のニュアンスがあり、「商業+運輸業・倉庫業」を示す経済用語になります。

「流通業」の使い方

「流通業」は、「メーカーが生産した商品を市場に流通させることに携わる業界」の意味で使われます。

「流通業」の具体的な使い方としては、「モノを売って利益を得る商業」だけではなく「商品を保管する倉庫業・商品を店舗などに運ぶ運輸業(運送業)」含めた意味合いで使用されています。

「商業」と「流通業」の違い

「商業」は、「個人の商人あるいは企業が、仕入れた商品をそれよりも高い価格で販売して利益を得る仕事」を意味しています。

「商業」に対して「流通業」は、「商品の売買」だけではなくて、「商品(製品)を保管したり配送したりする業種も含めた商品流通のための仕事全般」を指している違いを指摘できます。

また「商業」「法律上の業種の区分」で使われやすく、「流通業」「営利企業が行っているビジネスの分類・業種」の意味合いで使われやすい違いもあります。

「商業」の例文

・『近代化した国・社会では、農林水産業の第一次産業よりも商業・サービス業を含む第三次産業の比率が大きくなります。』

・『商業で儲けるシンプルな方法は、できるだけ安い価格で仕入れて、できるだけ高い価格で販売することです。』

「流通業」の例文

・『流通業の一翼を担う我が社では、お客様の元に確実に商品を届けることをやり甲斐にしている社員が多くいます。』

・『流通業には、仕入れた商品・在庫を保管しておく役割を果たす倉庫業も含まれることが多いのです。』

まとめ

「商業」「流通業」の違いを詳しく説明しましたが、いかがでしたか? 「商業」とは「商品(財貨)を仕入れて売ることで利益を上げる営利事業」を意味していて、「流通業」「倉庫・運送なども含め、商品を流通・循環させる仕事」の意味合いを持っている違いがあります。

「商業」「流通業」の違いを知りたい時は、この記事を読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典