「啓発」と「開発」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「啓発」と「開発」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「啓発」「開発」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「啓発」とは?

「啓発」「けいはつ」と読みます。

意味は「人が気付かない点を教え示して、自分で答えを見つけ出せる様に導くこと」です。

あるものごとについて、自分で何とかしたいと思っているのにあと一歩のところで答えが見いだせない時に、知識を与えて理解を深めさせてあげたり、気付かない点を教え示してあげることを表します。

「自己啓発」は、自分で成長していける様に導く方法のことを言います。

「啓発」の語源は、中国の歴史的書物である「論語」に記されている孔子の言葉に由来しています。

「憤せずんば啓せず、?せずんば発せず(ふんせずんばけいせず、ひせずんばはっせず)」で、意味は「分かろうと努力しない人には導きません、分かっていても表現しようと努力しなければ教えません」です

「開発」とは?

「開発」「かいはつ」と読み、以下の3つの意味があります。

1つ目は「地域の天然資源を利用して、地域産業や生活・文化を盛んにすること」という意味で「駅前開発」などと言います。

2つ目は「新しい技術や製品を作り出すこと」という意味で「新商品の開発」などと言います。

3つ目は「知恵や能力などを引き出して活用できる様にすること」「自己開発」などと言います。

上記に共通するのは「新たに利用できる様にする」という点です。

「啓発」と「開発」の違い!

「啓発」「人が気付かない点を教え示して、自分で答えを見つけ出せる様に導くこと」です。

「開発」「あるものを新たに利用できる様にすること」です。

まとめ

今回は「啓発」「開発」の違いをお伝えしました。

「啓発は知識を授けて導くこと」「開発は利用できる様にすること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典