「回避」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「回避」とは?

「回避」というのは避けて脇に避ける、免れようとして避ける、という意味になります。

一般には何らかの義務やトラブルなどを避ける時に使われる表現であり、例えば「職場でトラブルを回避しました」などと使われます。

職場ではトラブルが生じてしまうこともありますよね。

しかし、トラブルが生じそうだと分かった時点で「回避」するということも大切です。

「回避」の読み方

「回避」「かいひ」と読みます。

ビジネスでも使われますし、日常的にもよく使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。

「回避」の表現の使い方

「回避」という言葉はトラブルや義務、障害を避けるときに使われる表現です。

危険などに遭遇しないようにすること、免れること、などとも言われており、例えば高速道路でどこかに出かける時も、渋滞しているという情報を事前に得ていればその渋滞箇所を「回避」することもあるのではないでしょうか。

少し遠回りしたとしても、渋滞に突っ込んでいくよりも早い場合がありますよね。

「回避」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

「回避」を使った例文1

「父は渋滞を回避して目的地にたどり着いたようです」

帰省や出張などで遠くまで運転しなければいけない場合、多くの人は高速道路などを使うのではないでしょうか。

しかし高速道路で渋滞に巻き込まれてしまうと大変ですよね。

そのためラジオなどで渋滞情報などを得て、渋滞を回避しようとする人もいるのではないでしょうか。

安全情報に注意を払い、運転していきたいですね。

「回避」を使った例文2

「彼女の部署ではトラブルがよく回避されています」

仕事をしていると、どうしてもトラブルが生じることもありますよね。

そんな時はトラブルが生じかねないとなった状態で回避することを重視しなければいけません。

いざトラブルが生じてしまえば多くの人に迷惑をかける可能性もありますし、解決に時間がかかることもあります。

そのため、トラブルが生じそうだとなった時点で行動することが重要です。

「回避」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

「免れる」【まぬがれる・まぬかれる】

「免れる」というのは実に受けては好ましくないことから逃れる、という意味になります。

「免除」などと言われることもあります。

「避ける」【さける】

「避ける」というのは自分に害を与えるものや好ましくない物から意識的に離れるという意味を使われます。

それと関わることで不都合や不利益が生じてしまうと予測される人や物事から離れるということになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典