スポンサーリンク

「嫉妬」と「妬み」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「嫉妬」と「妬み」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「嫉妬」「妬み」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「嫉妬」とは?

「嫉妬」は、対象となる人物に対して、比較されることで奪われることをひどく恐れる行為です。

「嫉妬」は、相手をうらやましいと思うのではなく、相手の方が自分よりも優れていると自らが思うことで自分の立場が危うくなることを恐れる行為そのものになります。

ただ、「嫉妬」は、実は解消が可能で対象となる人物を蹴落とすことが可能で自分の立場を保守するために行動を起こせば、問題を解決できます。

「妬み」とは?

「妬み」は比較対象と自分を比べた際、相手の方が圧倒的に優れている場合、その才能をうらやましいと強く思い、恨むことです。

「嫉妬」と「妬み」の違い

「嫉妬」「妬み」の違いは、ネガティブな感情を解消しようと思うかそうではないかです。

「嫉妬」は、自分を磨き上げることで他者と比較した際、自己の地位を守ることが可能ですが、実は「嫉妬」の対象者を排除することでもネガティブな感情を打ち消すことができるのです。

ですがも「妬み」は、うらやましいという気持ちであるが故、うらやましいと感じないようにするか相手を呪い殺すなど非現実的な方法でマイナスの感情を打ち消すことができますが、現実的には難しい方法になります。

その為、両者の違いはネガティブ感情を打ち消すことができるかどうかです。

「嫉妬」の例文

・『嫉妬とは、他人を引きずり下ろす原動力である』

この例は他者と自分の才能を比較した際に生じるマイナス感情は、他人を引きずり下ろす力になるという例です。

その理由は、「嫉妬」には他者を引き釣り下すことで問題を解決することができ、他者を引きずり下ろす行為を実行さえできれば自分の立場を守ることができ、ネガティブな感情が消え去ります。

「妬み」の例文

・『妬みは、他人をうらやましく思うに過ぎないが故、解決方法は存在しない』

この例は、妬みの原動力が他人をうらやましいと思い、自分の立場と比較することにあるが故解決方法は実は存在しないとしています。

何故なら、「妬み」はうらやましいと思った瞬間生まれ、うらやましくないと思える環境にいないが故です。

うらやましいと思う対象者が落ちぶれれば問題は変わりますが、「妬み」の場合、「嫉妬」と違い、自ら行動を起こして他者を引きずり降ろさないが故単なる呪いでしかなく、解決の糸口がないのです。

無論、「妬み」で相手を引きずり下ろせば問題は解決しますが、それでは、単に「嫉妬」へと変化しますので両者の言葉の住み分けを必要とします。

まとめ

「嫉妬」「妬み」の違いは、ネガティブな感情を解消できるかできないかです。

実は「嫉妬」はネガティブな感情をな解消可能で、相手を引きずりおろせば解消できます。

しかし、「妬み」は仕組み上相手をうらやましいと思ったうえで呪詛のように呪う行為でしかなく、行動で示さないです。

行動を起こして他者を蹴落とせる分、実は「嫉妬」の方が問題解決が可能であるケースが多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典