「対比表」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「対比表」

「対比表」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、「対比表」の読み方は「たいひひょう」と読みます。

日常ではあまり使われる単語ではなく、主にビジネスで使われる言葉と言えます。

「対比表」はビジネスで使われることもあるため、英語で話すこともある単語です。

「対比表」の英語での読み方は、“Comparison table”と言います。

「対比表」を類語として表現するならば、比較された表、比べられた物、違いを示すものという言葉があります。

「対比表」にはこのような言葉で代わりに意味を表現することができます。

「対比表」の意味

「対比表」は気になる2つの物を比較して、両者の2つの違いや内容を理解することができます。

そのため、「対比表」には2つの異なる物を比べるための表という意味があります。

「対比表」にはスペックを比べるために使われることもあれば、項目別に違いを示すために「対比表」を使うことができます。

1つの資料だけでは、どれが1番自分にとってメリットがあるのか直ぐに分からないこともあります。

そのため、「対比表」というものを用いて、調査や採用する物について議論をする際に使用されます。

「対比表」の言葉の使い方

「対比表」の言葉の使い方としては、2つ以上の種類があって、それぞれの特性や内容、メリットやデメリットを比較したいものを表に作って見比べたいときに使用することができます。

比較したいものにはサンプルや出力対比、国別特性の比較など多くの場面で使用されているので、使うことができます。

また、輸出する貨物や提供する技術が法令で規制されたものかどうかチェックするシートとして、「対比表」を使用することがあります。

それは、項目別対比表とパラメータシートの2つがあります。

項目別対比表は法令で規制されている全ての貨物と技術をチェックすることができ、パラメータシートは通信関連、分野別のチェックシートになります。

この2つはどちらも通関や許可申請で使用することができます。

初心者であれば、項目別対比表を使用することが多いです。

「対比表」を使った例文・短文(解釈)

「対比表」という言葉をどのように使うことができるのか、例文や解釈を使用して紹介していきます。

「対比表」の例文1

「三庁それぞれの詳細な実務については対比表を見てください」

これは、三庁の詳細な実務を知るときに「対比表」を見るように勧めていることが分かります。

三庁の実務にはどのようなな実務があるのか理解することもできれば、その実務を比較して何が違うのかを知らせることもできます。

口頭などではなく、「対比表」を使用することで効率よく実務を知ることができることも相手に知らせていると言えます。

「対比表」の例文2

「タイの輸出品目の比較順位の推移を対比表で確認する」

タイの輸出品目の比較順位を対比表で詳細を確認していることが分かります。

輸出品目には数多くの品目があるため、それらの品目の推移を直ぐに理解するために対比表で比較しながら確認していることも分かります。

「対比表」には年度別での比較をすることができるので、自分の知りたい年度の推移を見ていることも分かります。

輸出品目には何があるのか確認して、今後の活動に活かそうという思いも分かります。

「対比表」の例文3

「浄水処理方式は対比表に示すような項目に基づいて決定される」

浄水処理方式の決定が対比表に書かれていることが分かります。

浄水処理方式の項目を知りたいときに「対比表」を見れば分かること、また浄水処理方式の項目を比較して内容を知りたいときに「対比表」を使うことができることも分かります。

項目別に「対比表」を見て、浄水処理方式の確認をする際にも使用することができると分かります。

このように使用できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典