スポンサーリンク

「心が和む」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「心が和む」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日々生活していると、緊張すること不安なこと悲しいことなどに遭遇してしまいます。

そんな時に、あることをきっかけに「心が和む」瞬間があったりします。

では、「心が和む」とは一体どういった状況なのでしょうか。

この記事では、「心が和む」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「心が和む」とは?意味

「心が和む」とは、気持ちが穏やかになる、気持ちの緊張がほどけるといったような意味になります。

普段のふとした瞬間や緊張している時など、様々な場面で使われる言葉で、何かを見たり触れたり、食べたり飲んだりした時に本能的に溢れる感情のことです。

こういうことがあると「心が和む」、と事前に予想できるものでもなくて、思いもよらない時、ふとした瞬間に溢れる感情です。

ただ、いつも同じ場面で「心が和む」ことがあったなら、その経験から事前に予想できる場合もあります。

「心が和む」の概要

「心が和む」とはどういった状態なのでしょうか。

「心」は、気持ちや思い、物の中心といった意味合いが含まれており、とても大切な部分を表す時に使われる文字です。

「心臓」「中心」「肝心」などなど、他にも「心」が含まれる言葉やことわざは多数存在します。

一方「和む」には、穏やかになるとか落ち着くといった意味合いがあります。

「和」の字は、「調和」「平和」「親和」といった言葉にも使われており、穏やかな状況を表した字でもあります。

「心が和む」の言葉の使い方や使われ方

「心が和む」はどういった使い方使われ方をするのか。

言うなれば「心が和む」時は、ストレスのかかっていない状態であると言えます。

自分の好きなことに熱中する、可愛い動物と触れ合う、温かい飲み物を飲む、自分の子供の笑顔を見るなどなど。

人によって「心が和む」状況は様々ですが、ほっとする時やほっこりする時に使われる言葉です。

自然に笑顔になってしまう、肩の力が抜ける、イライラした気持ちがなくなる、本能的にそう感じた瞬間が「心が和む」瞬間です。

「心が和む」と、張りつめていた気持ち、イライラした気持ちなどがリセットされて、また頑張れる気持ちになれます。

「心が和む」の類語や言いかえ

「心が和む」の言いかえとしては、「リラックス」というものが挙げられます。

くつろぐ、ゆったりする、といった意味合いです。

また、「心が」ほっとする、ほっこりする、安らぐ、落ち着く、やわらぐ、癒される、などが挙げられますが、もし「心が」という部分がなくても、言葉として成立するのがわかります。

「心が和む」に関しても、「心が」と言わなくても、ただ「和む」と言っただけでどのような状態か、どこが和んだのか理解できてしまいます。

ですから、普段の会話の中で「心が和む」状況を伝える時には、「和む」と省略して言われる場合があります。

まとめ

「心が和む」という言葉について述べてきましたが、理解して頂けましたでしょうか。

「心が和む」瞬間はとても心地の良いものです。

是非、自分なりの「心が和む」瞬間を見つけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典