「恋愛体質」と「恋愛依存」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「恋愛体質」と「恋愛依存」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「恋愛体質」「恋愛依存」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「恋愛体質」とは?

「恋愛体質」とは、恋愛が大好きな人、常に好きな人にときめいていたいといった傾向が強い人のことを表す言葉です。

「恋愛体質」の人は、一目惚れをしやすい、相手が恋愛対象になるかどうかと、すぐに考えてしまうといったところがあります。

そして、付き合いが長く続かない、すぐに相手に飽きるといったマイナス面が目立ちやすいのです。

「恋愛体質」が悪いといったことではありませんが、結婚向きではないという遠回しな意味合いも込めて使うこともあります。

「恋愛依存」とは?

「恋愛依存」とは、その字の通り、「恋愛に依存する」ことを言います。

恋人がいる状態に執着が強く、相手を束縛したり、一緒にいても思い通りにならない不安が強くなったりと、どこか病的な状態が出てくることもあります。

本来であれば好きな人と一緒にいて楽しい、落ち着くから良い付き合いと考えるのですが「恋愛依存」の場合はそのような気持ちはあまり関係ありません。

恋人がいる状態、恋人がいないと生きていけないといった状態ですので、相手と上手くいっていなくても付き合い続けようとします。

「恋愛体質」と「恋愛依存」の違い!

「恋愛体質」「恋愛依存」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「恋愛」の傾向を表す言葉なのですが、意味合いが違います。

「恋愛体質」とは刺激を求める、恋愛が好き、恋愛を楽しむといった傾向が強いタイプの人を表す言葉です。

「恋愛体質」に対して「結婚向き」「結婚体質」という言葉もあります。

一方の「恋愛依存」とは「恋愛体質」の人がある意味こじらせた状態と言えるでしょう。

恋人がいないと生きていけない、連絡がないと不安に陥る、恋人中心の生活といった状態などは、恋愛が楽しいというよりは「恋愛依存」になっているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「恋愛体質」「恋愛依存」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解してふさわしい方を選び使うようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典