「慣習」と「習慣」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「慣習」と「習慣」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「慣習」「習慣」の違いを分かりやすく説明していきます。

「慣習」とは?

「慣習(かんしゅう)」とは、「ある国家・民族・社会が、歴史的に獲得してきたそれが当たり前(常識)とされる定型的な行動様式」「社会的歴史的に根付いているならわし・しきたり」を意味しています。

例えば、「この地域の慣習で、冬に焚き火をする村祭りが行われます」などの例文で使えます。

「慣習」には、「個人が繰り返し行っている行動が習慣化・定型化したもの」という意味合いもあります。

「習慣」とは?

「習慣(しゅうかん)」とは、「個人が長期にわたって何度も繰り返し行っているうちに、その行為が当たり前(癖)になったもの」を意味しています。

例えば、「朝に牛乳を飲む習慣があります」「緊張すると貧乏ゆすりをしてしまうことが習慣になっていました」といった文章で使用できます。

「習慣」には、「個人レベルではない集団レベルで定着して当たり前(常識)になっていること・社会的なしきたりやならわし」の意味合いもあります。

「慣習」と「習慣」の違い!

「慣習」「習慣」の違いを、分かりやすく解説します。

「慣習」「習慣」も国語辞典に記載されている意味では同義語になりますが、実際の用法では「慣習」のほうが「習慣」よりも「個人レベルではなく国家・社会・民族のレベルで歴史的に繰り返されて定着した定型の行動様式」を意味する度合いが強いという違いがあります。

慣習に対して「習慣」のほうは、「個人が長期にわたって何度も繰り返し行っている行動が定着したもの・その人にとって当たり前になった癖のような行動」といった意味のニュアンスが強い違いを指摘できます。

ただし「習慣」にも、「慣習」と同じく「集団レベルで定着して当たり前とされている行動・しきたりやならわし」の意味はあるので、「社会的歴史的なならわし・しきたり」について「慣習」「習慣」のどちらを使っても間違いであるとまでは言えません。

まとめ

「慣習」「習慣」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「慣習」とは「特定の民族・社会が、歴史的に獲得してきた定型的な行動様式」「個人が長い間繰り返している行動が定型化したもの」を意味していて、「習慣」「長期にわたって何度も繰り返している行動が定着したもの」「ある国家・地域で定型化されている社会的なならわし」などを意味している違いがあります。

「慣習」「習慣」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典