スポンサーリンク

「成仏してクレメンス」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「成仏してクレメンス」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「成仏してクレメンス」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「成仏してクレメンス」とは?意味

「成仏してクレメンス」とは、何かを頼むシリーズにて野球選手のクレメンスの名前を使って何かを頼むというもので、この場合、「成仏する」ということをクレメンス氏の名前を使いつつお願いしているわけです。

なお、「成仏してクレメンス」が指す、成仏については怨念のようなものを捨て去ることをお願いするという意味で、対象となるものが怨念を捨て去るようお願いをしています。

「成仏してクレメンス」の概要

「成仏してクレメンス」は、ネットスラングのことで、明らかに死亡しているはずの人物がネット掲示板に出てきたが故、「成仏してほしい」と願うというもので須賀、これはいわば怨念のようなものだと捉え、その怨念のようなものに対し、怨念を持つものに怨念を捨て去るようお願いをしているのがこの言葉です。

ただ、「成仏してクレメンス」はお願いベースなので、実は怨念のように見せかけている側はお断りしてさらに死亡している死者を演じて調子づくことも実は可能なので、使いどころが難しいネットスラングであると言えます。

「成仏してクレメンス」の言葉の使い方や使われ方

「成仏してクレメンス」は、怨念のように張り付いてきてまとわりつくネット掲示板に現れる人物に対して、消え失せろという意味で遠回しに「成仏してクレメンス」と呼びます。

「成仏してクレメンス」を使った例文

・『「ネット掲示板にて厄介な人物に絡まれて」成仏してクレメンス』
この例は、ネット掲示板でうっとうしい厄介な人物に絡まれて消え失せろという意味を込めてネット掲示板に記載したのが、「成仏してクレメンス」だという例です。

この言葉は、怨念のように迫ってくるものに対して怨念を捨て去れという意味ですが、一方で消え失せろと遠回しに述べています。

なお、この言葉の意味を相手がうまく解釈した場合は相手側が気を使ってくれるのですがそうならない場合、相手側は調子づくことが多いです。

まとめ

「成仏してクレメンス」は、何でも実況版などで掲示版にて厄介な相手に絡まれた場合の回避策のほか、怨念のようにつきまとう悪質なストーカーのようなものに対して言い放つ言葉で、要は悪質な何かになっていますよと知らせる言葉です。

ただ、相手側がそれを素直に受け取れば問題はないんですが、素直に受け取らない場合、さらに相手側は悪質な書き込みやつきまといのようなことを行うため、「成仏してクレメンス」はあくまでお願いベースなのです。

つまり、命令した場合、相手側は怒り心頭となり悪質化するとわかっているが故あえて命令口調ではなく、「してくれ」という願望を述べているわけです。

これを、「成仏シロナガスクジラ」と言い出せば、これは「成仏しろ」という命令になるので相手側はおそらく怒り狂い、悪質なネット掲示板ストーカーになるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典