スポンサーリンク

「普段」と「不断」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「普段」と「不断」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「普段」「不断」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「普段」とは?

「普段」には、つねひごろ、いつもという意味があります。

毎日朝7時に起きています。

朝起きたらカーテンを開け、その後に歯磨きをします。

そして、朝食をとります。

これがいつも行っていることです。

このようないつものことが「普段」です。

いつもは朝7時に起きて、身支度を整えて出勤しているのですが、今日に限って起床が朝9時になってしまいました。

あきらかに遅刻です。

これはいつもとは違うことなので「普段」ではありません。

いつも家ではテレビを見ています。

見る番組は決まっています。

これも「普段」です。

いつもはテレビを見ているのに、滅多にやらない読書をする、いつもはアニメを見ているのに今日に限ってニュースを見るなどは「普段」ではありません。

いつもと変わらないといった意味を持っている言葉です。

「普段」の使い方

つねひごろのことを指して使用をします。

いつもと変わらないような事柄をいいます。

「不断」とは?

「不断」には、3つの意味があります。

1つめは、とぎれることなく続くです。

ある人は、大きな舞台に立って芝居をすることを夢みています。

大きな舞台に立つためには、それなりの実力が必要で、実力をつけるためには練習が必要です。

そのため、稽古を欠かさず行っていました。

この人は、途切れることなく芝居の稽古をしている、途切れることなく努力をしているといえるでしょう。

このようなさまを意味しています。

もしも、「今日は面倒だからいいか」と稽古をやめてしまったら、途切れることなく続いているとはいえません。

途中で切れることなく続くさまを意味している言葉です。

2つめは、何かを決める力に乏しいことです。

生きていると決めなければならないことがさまざまあります。

たとえば、今日着る服、お昼に食べるもの、入社する会社、観る映画などです。

こういったものをすぐに決められる人もいれば、決めるまでに時間がかかる人もいます。

「不断」は後者の態度です。

3つめの意味は、つねひごろ、いつもです。

いつもと変わらないといった意味を持っています。

「不断」の使い方

「不断」の漢字を使用するときには、1つめの意味と2つめの意味で使用することが多いです。

「普段」と「不断」の違い

「不断」には3つの意味がありますが、つねひごろ、いつもという意味が「普段」と同じです。

この意味では「普段」の漢字を使用することが多くあります。

どちらも「ふだん」と読みますが、意味によってアクセントが違います。

途切れることなく続くという意味と、何かを決める決断力に乏しいことという意味では、「だん」の部分にアクセントがきて、つねひごろの意味では「ふ」の部分にアクセントがきます。

「普段」の例文

・『普段は自炊をしています』
・『普段の買い物はネットで済ませています』
・『普段とは違ったことをする』
・『普段の服装』

「不断」の例文

・『不断の努力の結果です』
・『君は優柔不断だ』
・『不断にヒートアップしている』
・『不断の前進』

まとめ

2つの言葉は、つねひごろ、いつもと意味が同じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典