スポンサーリンク

「枯渇」と「不足」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「枯渇」と「不足」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「枯渇」「不足」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「枯渇」とは?

「枯渇」の意味と使い方について紹介します。

「枯渇」の意味

「枯渇」「こかつ」と読みます。

意味は「ある場所の水がかわきなくなること」「物が尽きてなくなること」です。

「枯渇」の使い方

「枯渇」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は元の意味で「元々水があった場所が、かわいてしまい干上がってしまうこと」であり、「干ばつで湖が枯渇する」などと言います。

2つ目は「元々あった物が尽きてなくなること」という意味で、「食糧倉庫が枯渇する」などと言います。

こちらは有益なものが尽きてしまい、人が困る時に使われます。

上記に共通するのは「元々あったものがすっかりなくなること」という点です。

「不足」とは?

「不足」の意味と使い方について紹介します。

「不足」の意味

「不足」「ふそく」と読みます。

意味は「十分でないこと」「満足でないこと」です。

「不足」の使い方

「不足」には、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「十分でないこと」という意味で、「準備不足で失敗した」などと言います。

こちらはあるべきものが足りない状態に使われます。

2つ目は「満足でないこと」という意味で、「相手にとって不足はない」などと言います。

この「不足はない」は、「不満ではない」という二重否定の意味になります。

上記に共通するのは「元からある、なしにかかわらず、十分ではないこと」という点です。

「枯渇」と「不足」の違い!

「枯渇」「ある場所の水がかわきなくなること」「物が尽きてなくなること」です。

「不足」「十分でないこと」「満足でないこと」です。

まとめ

今回は「枯渇」「不足」の違いをお伝えしました。

「枯渇は、元々あったものが尽きること」「不足は元の量は関係なく足りないこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典