「激動の時代」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「激動の時代」

激動の時代は「激動の時代」と読み、それ以外にも激動期、激動の時期、教団怒涛の時期、動乱の時期、疾風怒濤の時代、などということがあります。

世の中が大きく変動する時代を指しており、例えば江戸時代に幕府が大政奉還をした時、戦争が始まった時など、世の中が大きく変わった時代を指しています。

「激動の時代」の意味

今でこそ激動の時代と言えるほどの変化はありませんが、例えば昭和は激動の時代だったと考えられています。

昭和は戦争が多く、世界が大きな影響を受けた時代でした。

しかし戦争が起こった一方で人権というものが出来上がり、世界的に大きな変化が起こったのです。

日本は戦争を経て経済的に大きく成長し、世界的にも経済大国となりました。

そのため昭和は大きく日本を変えた激動の時代だったと考えられます。

「激動の時代」の言葉の使い方

激動の時代というのは後から見返してみて「あれは激動の時代だった」と表現することが多いです。

例えば平成の今、昭和を見返してみると昭和には大きな変化があった、なかなか落ち着かない時代だった、と考える人も多いのではないでしょうか。

だからこそ昭和は激動の時代だったと考えることができるのです。

昭和の激動の時代は今の私たちに豊かさを与えたと言えるでしょう。

その一方で、平成は様々な事件が起こり、自然災害が多い激動の時代になりました。

「激動の時代」を使った例文・短文(解釈)

激動の時代という言葉を使った文章にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは激動の時代という言葉の例文を紹介します。

「激動の時代」の例文1

「昭和は確かに激動の時代だった」

昭和1年は1926年を指しています。

第一次世界大戦が起こったのは大正時代ですが、第二次世界大戦は昭和に起こったのです。

日本が真珠湾を攻撃した1941年は昭和16年にあたり、第二次世界大戦が終結した1945年は昭和20年になります。

この間世界では多くの人が亡くなりました。

そして戦争が終わった後には国際連合が出来上がり、国際連合が人々の人権を意識した規約を作り上げます。

日本は戦争に負けましたが、経済的に大きく成長し、高度経済成長を経験しました。

そんな日本はとても豊かな国となり、戦争しない国として自らを誇っているのです。

昭和は日本にとって激動の時代になりました。

「激動の時代」の例文2

「激動の時代にはどのように生きていけばよいのか」

確かに昭和は激動の時代でしたが、だからといって今の時代が激動の時代ではないというわけではありません。

最近は経済が破綻し、多くの国でも経済困難が起こっています。

今の若い人にとって将来年金がどのようになるかもわかりませんし、雇用形態も大きく変わりました。

終身雇用や年功序列が当たり前であり、退職金や年金が期待できた過去の世代と比べると、今の若い世代は退職金や年金はほとんど期待できない状態です。

だからこそ、自分たちで貯金をしながら上手に仕事をしていかなければいけません。

今の時代も労働市場においては激動の時代だと言えるでしょう。

「激動の時代」の例文3

「子供の頃はいろいろ激動の時代を経験した」

激動の時代というのは例えとして使われることもあります。

子供の時、いろいろ辛い思いをしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

転校を経験した勉強についていけなかった、あるいはいじめにあった、などという辛い思い出を持つ人もいるかもしれません。

しかし誰しもそのような激動の時代を乗り越えて大人になっていくのです。

子供の頃の経験は決して無駄にはなりません。

「激動の時代」の例文4

「リンカーン大統領が激動の時代を生きた人物だと言える」

誰もが知るアメリカの大統領、リンカーンは南北戦争の時代を生き抜いた人物です。

この時代は黒人が奴隷として扱われており、黒人には人権というものがありませんでした。

アメリカ北部では黒人が人権を持ち始めていましたが、アメリカ南部のプランテーションでは黒人が人として認められておらず奴隷として扱われていたのです。

リンカン大統領はこの奴隷制度に終止符を打ち、奴隷解放宣言を出すことによって奴隷たちの自由を認めました。

だからといって黒人たちが白人と同様の人権を回復したというわけではありませんし、今でも黒人たちは差別に苦しんでいます。

しかし、それでもこの時代は黒人に対して大きな影響を与えたと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典