スポンサーリンク

「無駄飯」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無駄飯」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無駄飯」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「無駄飯」とは?意味

労働をすることなく食べる飯という意味です。

労働とは、頭脳や体を働かせることをいいます。

生計を維持するために行うものと、家事など給料をもらわずに行うものとがありますが、労働は特に生計を維持するために行うものをいいます。

飯は、米や麦などを炊いたもの、あるいは食事のことを意味します。

米などを炊いたものも、それ以外の食事も、人間が生きていくためになくてはならないものです。

「無駄飯」の概要

一般的には食料を得るためには、働いて賃金を稼ぎます。

その金銭で食料を購入するのです。

しかし、自分のやるべき仕事をやらずに食事をする人もいます。

働かずに生活をしているのです。

そのことを意味する言葉です。

この言葉は、働くことができない人がタダで食事を食べさせてもらうという意味ではありません。

働ける状態であるのに働くことをせず、食事をすることを意味します。

働くことをせずとは、就職していないで働いていないという意味と、就職をしているけれどやるべき仕事をしていないという、2つの意味がありますが、「無駄飯」は特に就職しないで遊び暮らしている人のことをいいます。

ある人は体は丈夫で十分働ける状態です。

それなのに、いつも家でゴロゴロしていたり、暇があれば遊びに行ったりしていて、労働しようとしません。

仕事を探そうとすらしません。

実家で暮らしているので食事をして生活をしていくことはできます。

食事を出してもらえるし、眠る場所を用意してもらうこともできます。

環境が許しさえすれば、働かなくても生きていくことはできるのです。

人間は生きていくために食事をしなければなりません。

たいして働いてもいないのに食事をするこのさまを「無駄飯」といいます。

誰かに養ってもらう必要があるので、一人暮らしでこの言葉が指す状態でいるのは難しいです。

「無駄飯」の言葉の使い方や使われ方

労働することなく食事を食べることという意味で使用をします。

障害があるなどの理由で働くことができない人に対しては、この言葉は使用しません。

障害もなく、病気でもないのに、やるべき仕事をしない人で、食事をする人を指して使用をします。

家でゴロゴロしている人に対して使うことがあります。

休日にゴロゴロしていることではありません。

「無駄飯」の類語や言いかえ

「タダ飯食い」が似た意味を持つ言葉です。

タダは無料のことで、飯食いは食事をすることです。

タダで食事をすることを「タダ飯食い」といいます。

飲食店で食事をしたのに、料金を支払わずに逃げてしまうことではありません。

まとめ

食事をするためには、働いて賃金を稼ぐ必要があります。

しかし、誰かに養ってもらうなどしていれば、働かずとも食事をすることができます。

やるべきことをせず労働せずに食事をする、つまり生活している人を、この言葉は意味します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典