スポンサーリンク

「理論」と「概念」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「理論」と「概念」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「理論」「概念」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「理論」の意味から取り上げます。

スポンサーリンク

「理論」とは?

最初に「理論」の意味をご説明致します。

「理論」とは対象となる物事や現象を、ルールに基づいて組み立てられている知識を表しております。

また、実践にも対応できる知識のことも指しているのです。

「概念」とは?

次に「概念」の意味を解説していきます。

「概念」の場合は、対象となる物事の本来の姿や、本質を指しております。

「理論」と「概念」の違いとは?

この項目においては、「理論」「概念」の違いを取り上げてみましょう。

「理論」の場合は、実践にも役立てられる知識と、対象になる事柄などを、基準となる法則を用いて、しっかりと組み立てられている知識を指している言葉となります。

「概念」の方は、対象とされる物事の本来の形、本質を表しているのです。

「理論」と「概念」の使い方の違い

ここでは「理論」「概念」の使い方の違いを説明します。

「理論」を使う場合は、実践にも役立つ知識と、対象の物事をルールに照らし合わせて作られた、知識などを指すときに使います。

理論の使い方

「これから理論的にお話をいたしますので、ご安心ください」

「理論は分かるのだが、実践では中々、力を発揮できないことが続いてしまっている」

「概念」を使うときは、対象になる物事の本来の形、本質を指すときに使うものです。

概念の使い方

「作戦の概念は戦果よりも、精神論を重んじているように思える」

「ビジネスの概念は変えられない」

「理論」を使った例文

それでは「理論」を使った例文を書いていきます。

・『理論武装で挑んだものの、相手の実践スキルが凄すぎて全く歯が立たなかった』

・『理論的に契約内容を説明したところ、お客様から納得していただいたので、嬉しく思いました』

・『基本的にビジネスというのは、理論通りには、いかないものなのだ』

・『理論派と感覚派は、基本的に合わないだろう』

・『何事も理論的に話をすることで、相手も納得してくれることが多いように思います』

「概念」を使った例文

最後の項目において、「概念」を使った例文を書きます。

・『理科の概念が覆るような、科学発見をしてみたいと思っております』

・『福祉施設の概念としては、障害者の方の自立を手助けすることにあるのです』

・『これまでの戦闘機の概念を覆した戦闘機、それが零式艦上戦闘機である』

・『本の概念を突き詰めて考えていくと、非常に面白いものがあると思いました』

・『これまでの情報産業の概念が変わるほどの、発見してみたいと思っています』

まとめ

まとめとして、「理論」の場合は、実践で役立つ知識のことと、対象になることなどを、ルールなどに基づいてひとつひとつ形成していき、完成させた知識を表しております。

「概念」の方は、基本的に対象にされる物事の本来の形、本質を表す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典