スポンサーリンク

「背中を押す」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「背中を押す」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「背中を押す」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「背中を押す」とは?意味

何かをすることにためらっている人に、物事が進むように力を加えるという意味です。

「背中」とは、人間でいうと腹や胸の反対側、自分では見ることができない部位のことです。

物の場合だと背面を指します。

たとえば冷蔵庫だと、ドアがある側とは反対側のことです。

「押す」には、ある状態から先に進むようにする、動かそうとして力を加えるという意味があります。

このことから「背中を押す」とは、人間の場合だと後ろ側から力を加えるという意味になります。

しかし、この言葉は物理的な力を背中に与えることではなく、ためらっている人を先に進ませる行為という意味になります。

歩くことをためらっている人の背中を手を使って力を加えると、足が前に進みます。

それと似たようなもので、何かをすることをためらっている人に、言葉のような力を加えると前に進むことができる場合があります。

それを意味する言葉です。

「背中を押す」の概要

あれこれと考えて行動できず、同じ場所に立ち止まってしまうことがあります。

周囲の人がそれを見ると「やってみればいいじゃない」と思ってしまいます。

そんなとき、周囲の人が言葉をかけてあげると、あれこれ考えている人が前に進むことができる場合があります。

そのことを意味する言葉です。

脱サラをして田舎でカフェを開きたいという人がいたとします。

田舎で生活をしたい、カフェを開きたいという思いがあるのですが、慣れ親しんだ生活を離れることや、田舎でうまく生活できるだろうかという不安があり、なかなか行動することができません。

計画は立てたものの、そこから先に進んでいない状態です。

そんな夫を見た妻は、「好きなことをしたらいいじゃない、あなたについていきますよ」「失敗してもやり直しはできるわよ」と声をかけました。

この言葉は夫に力を与えました。

それによって、計画どまりだった田舎でカフェを開くという事柄に着手し、田舎で住む場所やカフェを開く場所を決め、住宅の契約をし、カフェに必要な機材や食器などを購入し、脱サラをしました。

このときの妻の言葉によって、夫は前に進むことができました。

妻の行為が「背中を押す」が意味するものです。

「背中を押す」の言葉の使い方や使われ方

あれこれ考えて行動できずにいる人に、行動をして前に進めるようにするための力を指して使用する言葉です。

実際に背中に手を当てて力を加えることを指しても使用します。

「背中を押す」の類語や言いかえ

「尻を叩く」が似た意味の言葉です。

物事を成し遂げようという気持ちを励ますことを意味します。

まとめ

新しいことをするときに、あれこれ考えて行動できなくなってしまう人は少なくありません。

そんなとき、誰かの一言が力になって前に進めるようになることがあります。

言葉をかけてくれた人がやったことが、この言葉が意味するものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典