スポンサーリンク

「良識ある行動」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「良識ある行動」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「良識ある行動」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「良識ある行動」とは?意味

良識とは、社会で広く認められている正しい価値観のことです。

つまり、良識ある行動とは、誰もが認める適切な考え方に基づいた行いという意味になります。

多くの人がいる中で、たった1人だけ正しいと深く信じていたとしても、良識的であるとは言えません。

あくまでも、常識的である点が重要なので、たった1人の正義をもって良識とは言えないのです。

「良識ある行動」の概要

自分の中では正しいと思い込んでいたことが、他の人にとっては非常識であることもあります。

良識とは、万人が違和感を抱くことのない当たり前の考えに相当するので、誰かに嫌がられるような行いは当てはまりません。

良識ある行動が身に付いている人は多くの人から好かれますから、陰口を叩かれるような人はそもそも良識を備えていない点に問題があるわけです。

良識ある行動は、良識的な思考の持ち主だからこそ可能なのです。

「良識ある行動」の言葉の使い方や使われ方

良識には、誰もが正しいと感じる常識に加え、マナーやモラルを兼ね備えています。

そのため、それらを促す際に便利に用いられる言葉です。

例えば、災害などの緊急事態に見舞われたとします。

そのようなときに、『この非常時においては、皆様の良識ある行動を期待します』と伝えたとしましょう。

この場合、「災害に遭って大変なときではあるけれど、皆さんで困難を乗り越えるべく協力をして欲しい」「不便や不足が生じても、緊急事態であることを踏まえて辛抱して欲しい」という意味合いが含まれています。

パニックに陥り、ヒステリーによって周囲に迷惑を掛けるほど混乱したりストレスによって暴力的になったりしないよう心して欲しいと促す言葉として良識ある行動は最適、且つ最良と言えるでしょう。

なぜなら、良識には優れた判断力という意味合いが含まれているからです。

「優れた判断力を持ち合わせているあなた方ならば、軽率な行動は自ら慎んでくれるであろうことを信じています」と褒めると同時に、自覚を促しています。

「良識ある行動」の類語や言いかえ

言いかえとしては、「分別のある~」「見識が高い~」「常識ある~」などが挙げられます。

いずれも物の道理をわきまえた、適切で真っすぐなものの考えに基づく行動を示しています。

まとめ

「人の振り見て我が振り直せ」と言いますが、自分の行動が常に良識的であると自信をもって言い切れる人は多くはありません。

人は状況によって心が乱され、普段とは異なる言動に走ってしまうことが間々あるからです。

つまり、普段は良識的であったとしてもときには見失ってしまう可能性が否めません。

しかしながら、理想を持つことは良いことです。

日々、良識ある行動を心掛けることで理想に近づけるでしょう。

自らの判断力を冷静にジャッジし、必要に応じて修正するのが理想です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典