スポンサーリンク

「苦笑」と「苦笑い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「苦笑」と「苦笑い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「苦笑」「苦笑い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「苦笑」とは?

「苦笑」とは、自分や他人の愚かさやこっけいさを不快に思いながら、仕方なく笑うことです。

苦々しいけれど笑うことを意味します。

苦々しいとは、不愉快であることです。

一般的に笑うときというのは、楽しいとき、面白いときです。

しかし、「苦笑」は楽しかったり、面白かったりして笑うものではありません。

愚かとは、未熟さ、ばかげているさまのことです。

こっけいとは、あまりにもばかばかしいことです。

つまり、「苦笑」とは、ばかばかしいことや未熟なことを嫌だと感じながらも、やむを得ず笑ったり、困って笑ったりすることを意味します。

また、照れ隠しのために「苦笑」することもあります。

「苦笑い」とは?

「苦笑い」とは、不愉快に感じながらも仕方なく笑うこと、「苦笑」のことです。

楽しい、嬉しい、面白いといった感情で笑うのではないので、「苦笑い」はやや困った表情になります。

照れ隠しのために「苦笑」することもあります。

たとえば、褒められたときに対応に困ってしまい、本当は嬉しいけれどそれを素直に現すことができず「苦笑」することがあります。

「苦笑」と「苦笑い」の違い

「苦笑」「くしょう」と読み、他人や自分の愚かさやこっけいさを不快に感じながらも、仕方なく笑うことです。

「苦笑い」「にがわらい」と読みます。

「笑」という漢字は、音読みでは「ショウ」、訓読みでは「わらう」です。

「苦笑い」「苦笑」と同じ意味で、他人や自分の愚かさやこっけいさを不快に思いながらも笑うことです。

まとめ

2つの言葉は読み方が違いますが、意味するものは同じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典