スポンサーリンク

「見込み」と「予定」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「見込み」と「予定」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

将来の出来事や予測を表す言葉には「見込み」「予定」があります。

この記事では、「見込み」「予定」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「見込み」とは?

「見込み」とは将来に起こる出来事や可能性を表す意味があり、漠然としたものを表す時にも使用することが可能です。

将来的なものとは言っても比較的時間が近い近未来の出来事や可能性に対して使われることが多く、より先の遠い未来の出来事や可能性に関してはあまり使われません。

比較的近い未来のことや可能性を表すことから、個人に関する出来事にも使うことが可能です。

また個人だけではなく大きな組織や会社、天候、プロジェクトなど様々な未来の予想に対して使えるのが特徴です。

基本的には予想という範疇となるので、これらの将来的に起こる出来事や可能性は自分で展開を決められないものも含まれます。

天気の「見込み」は自然の力によって起きるため、人間の力で変化させることはできませんが、予測自体はできるので「見込み」を使うことが可能です。

「予定」とは?

「予定」とは予め定めるという意味を熟語にしたものであり、こちらは将来の行動やイベントを事前に決めておく時に使われます。

事前に意志や方向性を持って自分で将来の行動やイベントを決めて定めるので、対象は常に自分の力で可能な出来事や行動となります。

「予定」の類義語としてはプランやスケジュールがあり、こちらも同様に自分で決めることが主体となっています。

また「予定調和」「予定説」のように学問的な分野でも使われるのも特徴です。

「見込み」と「予定」の違い

「見込み」は将来の出来事や可能性の予測であり、それは個人の範疇のものから自然的なものまで幅広い対象を含みます。

対象は将来の出来事や行動が多いのですが、比較的実現可能なものを予想する時に使います。

「予定」は予め決めるという意志を表す言葉であり、主体となる人物が事前に準備する時に使います。

こちらは自分で将来の行動やイベントを決めることから、ほぼ実現可能なものに対して使うことが特徴です。

「見込み」の例文

・『天気予報のサイトを見てみると、明日の天気は台風で一日中雨の見込みというコメントがあり今から体調不良が気になってしまう』
・『この少年には投手の見込みがあると信じた監督は、熱心に投球のコーチングを続けた』

「予定」の例文

・『彼女とデートすることになったが、急にバイトの予定が入ってしまい謝ることになってしまった』
・『ゲーム大会や予定通りに進んだと思ったが、突然の前チャンピオンからのメッセージに開場が大盛り上がりになり最高だった』

まとめ

「見込み」は将来の予想であり、自分の範囲内の出来事や可能性から自然的なものまで色々な予想に対して使うことが可能です。

「予定」は自分で将来の行動や行事を決めることであり、常に実現するという意図を持って使う言葉になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典