スポンサーリンク

「謂れのない中傷」とは?意味や使い方、例文など解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「謂れのない中傷」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「謂れのない中傷」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「謂れのない中傷」とは?意味

「謂れのない中傷」「謂れのない」は、「いわれのない」と読み、その意味は正当な理由や根拠がない事や、不当である事を指す言葉です。

一方の「中傷」は、根拠のないことを言い広めて、他人の名誉を傷つけることを意味する言葉です。

従って、「謂れのない中傷」とは、正当な理由や根拠がない事を言いふらし、他人の名誉を傷つける事を意味する慣用句と言えます。

「謂れのない中傷」の概要

「謂れのない中傷」とは、「中傷」だけで同様の意味を持つものを、「謂れのない」を付ける事で、さらに正当性がない、根拠がない事を強調した慣用句・俗語と言えます。

この「謂れのない中傷」は昔から陰口・悪口の一種として存在していました。

しかし、ネット社会になり、これが自分を取り巻く一部で生じるのではなく、社会に広範に拡散され、それが理由で自ら命を絶つという問題まで生じています。

こうした「謂れのない中傷」を発信しないと言う倫理観が求められると共に、「謂れのない中傷」を受けた場合に、企業も個人も適切に対処する事が、必要な時代になったと言えるのです。

企業が「謂れのない中傷」を受けた場合に、売上等に影響する事もあり、スルーすれば良いと言う訳には行かない事もあります。

そんな時には、まず企業の広報でしっかりと理路整然と、それが根拠のない中傷である事を発信すべきでしょう。

それでも、ネット上に拡散された「謂れのない中傷」は消える事はありません。

そうした場合には、その影響の程度に応じて、顧問弁護士等と相談し、「謂れのない中傷」の削除を要請したり、流した人を特定する動きを費用対効果を勘案して取る事が必要でしょう。

一方で、「謂れのない中傷」を個人が受けた場合には、どう対処すべきなのでしょうか。

中傷が口コミベースである限られた場所や空間に限定されている場合には、その場から離れるべきです。

離れて、気にしない事が一番の解決策と言えます。

またネット上で受けた場合には、とにかく自ら検索などせずに、完全にスルーし、気にしない事に尽きます。

世の中は、移ろいやすく、ある時にネット上で興味がもたれて「謂れのない中傷」が拡散しても、やがて新たな興味や関心事に人心は動き、3か月もすれば話題は自然消滅するものです。

もちろん、ネット上に拡散された内容は残りますが、検索される事が減る事で検索サイトでの表示順位が一気に下がり、検索して調べようとしない限り、人目に付く事は無くなります。

とにかく「謂れのない中傷」にばかり心を奪われるのではなく、楽しい事や熱中できる事に意識を集中させ、自然に消滅するのを待つのが得策です。

また予防策としては、ネットで自分の事を発信する事を控える事も大切と言えます。

「謂れのない中傷」の言葉の使い方や使われ方

「謂れのない中傷」は、『彼女は謂れのない中傷を受けていると悩んでいたので、とにかく気にしないようにアドバイスをしました。』の様に使われます。

「謂れのない中傷」の類語や言いかえ

「謂れのない中傷」の言い換えとしては、「不当な非難」「理不尽な誹謗中傷」などが上げられます。

まとめ

「謂れのない中傷」とは、正当な理由や根拠がない事を言いふらし、他人の名誉を傷つける事を意味する慣用句・俗語です。

ネット社会の中で「謂れのない中傷」が拡散されるリスクが増えており、こうした「中傷」を受けないための予防策と受けた時の対象法を理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典