スポンサーリンク

「身内の不幸」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「身内の不幸」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「身内の不幸」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「身内の不幸」とは?意味

「身内の不幸」とは、家族やそれにかかわりがある親戚などに事故や無くなるという不幸が起きたことを意味します。

何故、そのようなお話を切り出すかですが、一つは、身内に不幸があることを知らせてからでないと日本では葬儀を行う際、喪主という重要な役割を執り行うために会社を休む権利を得ることができないためです。

つまりは、会社側としては、家族が亡くなるという不幸があっても会社に来てほしいと願う場合もあり、会社側の許可を得ることができなければ喪主となるために会社を休むことが許されないということです。

他にも、実はズル休みをするために用いる手段でもあるのが「身内の不幸」という言葉でズル休みの場合は、「身内の不幸」という話を切り出した側は、身内のうちの誰かが亡くなったという設定であれば、会社側は、「身内の不幸」という話を持ち出した人物の葬儀の参加を優先してくれるはずであるからズル休みできるのではないかという考え方もあります。

「身内の不幸」の概要

「身内の不幸」という言い回しは、日本特有の言い回しで要は、家族の誰かが亡くなったり怪我をしたので会社を休んで家族のことを優先してもよいかどうかの許可を得るために生まれました。

ですが、最近では、家族の誰かや親せきの誰かに良くないことが起きても会社を休むことは許されないという風潮が生まれています。

その理由はおそらく、会社としては利益を優先したいが故、「身内の不幸」という事情を持ち出し、会社を休まれては会社の利益に関わるという問題の方が社員の方の不幸よりも優先されている可能性が否定できないです。

「身内の不幸」の言葉の使い方や使われ方

「身内の不幸」は、会社を休んで、身内となるものの方のお見舞いやお葬式に参加をする際に持ち出す形式的なお話の切り出し方で主に、葬儀に参加やお見舞いを会社を休んで行う場合に持ち出す言葉です。

「身内の不幸」の類語や言いかえ

「身内の不幸」の類語は、「家族の不幸」「親戚の不幸」という類語や言いかえも存在します。

いずれも、自分と関係するものに対してマイナスの事情が起きた場合、言い換えて周囲に伝わりやすくします。

まとめ

「身内の不幸」は、日本特有の文化で自己の周りの方が亡くなるや怪我をするという不幸が起きた場合、「身内の不幸」というお話を切り出して、葬儀なり、お見舞いなりに参加をしてもよいかという許可を得るために持ち出すテンプレートのようなものです。

ですが、最近では、このテンプレートのようなこと幅通用しなくなってきており、その理由は会社側としては、友人や知人がなくなったり、けがをしたなどで会社を休まれては利益を生み出す人物であれば会社側の損失になるということで「身内の不幸」と話を切り出してもお見舞いや葬儀に参加する許可を与えないことがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典