スポンサーリンク

「近代」と「近世」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「近代」と「近世」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界史や日本史の中で、「近代」「近世」という区分があります。

どちらも「近い」と言う文字が入っているので、「現代」に近いイメージがあります。

そこで、今回は「近代」「近世」の違いについて見てみることにしましょう。

この記事では、「近代」「近世」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「近代」とは?

「近代」とは、「現代」に一番近い、過去の時代のことを指します。

または、封建的社会が終わり、合理化された資本主義社会、または民主主義社会の時代を「近代」と言います。

日本史では明治以降のことを言うのが一般的です。

ヨーロッパ史では19世紀前半あたりから「近代」が始まっていると考えられています。

どちらも封建主義時代が終わり、資本主義時代に変わった頃から「近代」と呼んでいるようです。

「近世」とは?

「近世」とは、歴史上で「中世」「近代」の間の時代を指しています。

日本史では、室町時代末期(安土桃山時代・戦国時代)から江戸時代にあたります。

他にも、江戸時代のみを「近世」と呼ぶという考え方もあるようです。

一方、ヨーロッパ史では、15世紀から19世紀初め頃までを「近世」と呼んでいるようです。

各国によって、多少、時代の違いはあり、16世紀から「近世」としている国もあります。

ルネサンスや宗教改革、または市民革命などが起こった頃を「近世」の始まりや終わりとしているようです。

他にも「近世」は、「近頃の世」「現代に近い」と言う意味もあります。

「近代」と「近世」の違い

「近代」「近世」の違いを、分かりやすく解説します。

歴史上では「中世」の後が、「近世」で、その後が「近代」になります。

そして、「近代」の後が「現代」です。

日本史では、「近世」が室町時代末期から江戸時代、「近代」が明治以降、第二次世界大戦前までとなっているようです。

ヨーロッパ史では、ルネサンスや宗教改革の頃から「近世」が始まり、産業革命や市民革命の頃に、「近世」から「近代」に変わっています。

日本もヨーロッパも、どちらも封建主義社会から資本主義社会、民主主義社会の時代へ変わった頃を「近代」の始まりと捉えているようです。

日本とヨーロッパで同じような時期に、時代が似たように大きく変わってきているのは、大変興味深いところです。

まとめ

「近代」「近世」のような時代区分は、ルネサンス期に成立したようです。

初めは「古代」「中世」「近代」の三区分でした。

しかし、今では「原始」「古代」「中世」「近代」「現代」の五区分、または、「原始」「古代」「中世」「近世」「近代」「現代」の六区分が一般的となってきているようです。

日本では第二次世界大戦後から「現代」が始まっているとされています。

「現代」は昭和20年から、平成、令和と時代が進んできています。

今後、「現代」の期間が長くなってくると、または歴史上で大きな変化があると、「現代」の時代区分も変わっていく可能性があるでしょう。

「近代」「近世」だけではなく、その前の時代の「中世」「古代」などの始まりや終わり、または変わったきっかけなども調べてみると、新たな発見や気付きが見えてくるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典