「配送料」と「手数料」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「配送料」と「手数料」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「配送料」「手数料」の違いを分かりやすく説明していきます。

「配送料」とは?

「配送料(はいそうりょう)」とは、「荷物を目的地(指定した住所)まで届けてもらうためにかかる料金・費用(コスト)」のことを意味している経済用語です。

「配送料」という言葉は、「各種の荷物を目的地に指定日時までに配達(配送)してもらうことの報酬(対価)として授受する金銭・料金」のことを意味しているのです。

「手数料」とは?

「手数料(てすうりょう)」とは、「相手方に手間・手数をかけてしまうことに対する報酬(対価)として支払う料金・費用(コスト)」のことを意味している経済用語です。

「手数料」というのは、「相手に事務的な手続きをしてもらったり、取引き(ビジネス)の仲介をしてもらったりした時に授受する金銭・料金」のことを意味しています。

「手数料」には、「国・地方公共団体などが、特定の人のために行った事務手続きについて徴収する料金」の意味合いもあります。

「手数料」は民間企業に対しては概ね「現金・キャッシュレス決済」で支払われますが、国の場合は「収入印紙」、地方自治体の場合は「収入証紙」、郵便の場合は「切手」などを購入して書類に貼り付けて納付する支払い方もあります。

「配送料」と「手数料」の違い!

「配送料」「手数料」の違いを、分かりやすく解説します。

「配送料」「手数料」「何かをしてもらった対価として支払う料金(請求する料金)」という意味では共通しているところがありますが、「配送料」というのは「荷物を目的地にまで配達(配送)してもらうのにかかる料金・費用(コスト)」のことだけを意味しています。

「配送料」に対して「手数料」というのは、「相手に手間・手数をかけたことに対する報酬として支払う金銭」のことを意味している違いがあります。

「配送料」とは「荷物を目的地に指定日時までに届けてもらうための料金・費用」のことであり、「手数料」というのは「事務処理などの手続き・ビジネスの仲介などをしてもらうための料金・費用」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「配送料」「手数料」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「配送料」とは「荷物を目的地(指定の住所)まで届けてもらうのにかかる料金・費用」のことを意味していて、「手数料」「何らかの手続きや取引きの仲介をしてもらった時に、その報酬(対価)として支払う金銭」のことを意味している違いがあります。

「配送料」「手数料」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典