「配達先」と「発送先」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「配達先」と「発送先」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「配達先」「発送先」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「配達先」とは?

「配達先」の意味と使い方について紹介します。

「配達先」の意味

「配達先」「はいたつさき」と読みます。

意味は「手紙や荷物を届ける相手の住んでいる地域や住所のこと」です。

「配達先」の使い方

「配達先」は、荷物を届ける為に必要な、相手先の住所のことを言います。

手紙や荷物を遠く離れている人に送る時に、郵便局や宅配業者に依頼するのですが、その際にどこへ送るのかということを言います。

基本的には相手がいる住所のことを言いますが、ざっくりと「東京」「大阪」など、都道府県で表すこともあります。

業者が荷物を輸送する中でも、最も末端の部分であり、相手に間違いなく届ける為に重要なものです。

「発送先」とは?

「発送先」の意味と使い方について紹介します。

「発送先」の意味

「発送先」「はっそうさき」と読みます。

意味は「荷物を送り出した人の住所のこと」です。

「発送先」の使い方

「発送先」は、本来「発送元」の言い間違いで、荷物や商品を送り出した人やその住所のことを言います。

手紙や荷物を誰かに送る必要があり、梱包作業をして郵便局や運送会社に持ち込んだ人や、その際に送り状に記入するその人の住所のことです。

ネット通販やフリマアプリで「発送済み」と表示される場合、業者や売主などが荷物を運送業者に持ち込んだことを表します。

「発送元」となる人は、送り先の住所を明確に記して業者に託せば、その時点でするべきことは終了となり、輸送に関する責任は問われません。

「配達先」と「発送先」の違い!

「配達先」「手紙や荷物を届ける相手の住んでいる地域や住所のこと」です。

「発送先」「『発送元』の間違い、荷物を送りだした人のこと」です。

まとめ

今回は「配達先」「発送先」の違いをお伝えしました。

「配達先は相手の住所」「発送先は送り主の住所」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典