「針のむしろ」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「針のむしろ」

生活を送っていると成功する音も多いですが、時には失敗することもあります。

いっぱいの内容も様々であり、人間関係や仕事・買い物なたくさんあります。

しかし時には失敗したりトラブルになった結果、周囲の反応が冷たい・よそよそしいなど変化していき、視線が痛いということにもなりかねません。

そんな状況になったとき、「針のむしろ」と同乗の目で見られることもあります。

「針のむしろ」の意味

「針のむしろ」の意味として周りから非難されたり冷たく扱われる・避けられるなど周りから自分に対しての待遇・態度が悪くなったことを意味します。

それも一部ではなく、その人を取り巻く環境の全体が悪い方向に変わったときです。

そしてその状況が続き、心が休まらないような緊張状態を表す言葉です。

そのため多少の変化やショックではなく、精神的に追い込まれており周囲にも助けを求められないような深刻な状況を含めた意味とされています。

「針のむしろ」の言葉の使い方

「針のむしろ」という言葉を使う場面として、誰かが追い込まれている状況を見たり知ったときに使われます。

多くは他者の「針のむしろ」の状況に対して同情するようなときに使いますが、中には自分の置かれた状況を説明する時にも使います。

「針のむしろ」と言う言葉が使われるにあたり、その人を取り巻く環境・状況は良くないことを説明することにもなります。

そのため具体的に説明することが難しい・避けられるというときにも「針のむしろ」と表現するだけで相手に察してもらうことが出来ます。

「針のむしろ」を使った例文・短文(解釈)

「針のむしろ」と言う言葉は非常に悪い状況に置かれた人に対して使われます。

説明しにくい時には相手に察してもらえるため非常に便利な言葉です。

しかし間違えて使ってしまうと大きな誤解を生みかねません。

そんな失敗を避けるためにもどのような使い方なるのか例文とその解釈を紹介します。

「針のむしろ」の例文1

「彼は先日の取引で大きな失敗をして会社にかなりの損失を与えたそうだよ。特に処分も何もないけど同じ部署の人からは白い目で見られ続けて針のむしろ状態らしい。日に日にやつれていってかわいそうだけど仕方ないね」

この場合、彼とされる人物は仕事での取引で大きな失敗をしてしまったことで周囲から冷遇を受けているとされます。

それも長く続いており精神的に病むほどのつらさを「針のむしろ」と言う言葉で表現しています。

「針のむしろ」の例文2

「昔同じクラスの女子と付き合っていたけど、別れてからは女子からの視線がすごく痛かったよ。まるで汚物を見るような目で見られて少なくとも半年はほんとに針のむしろ状態だった」

この場合、同じクラスの女子生徒と交際するも別れた後で周囲の女子生徒からの態度が一変したことを意味しています。

その変化も悪い方向に非常に大きく変わっていき、半年は続いたと過去の体験談を語っています。

「針のむしろ」の例文3

「彼はいつもポジティブで元気すぎる。周りの目が気にならないのか、どれだけ白い目で見られても変わらないんだ。きっと針のむしろ状態になっても変わらないし気づかないだろう」

この場合、彼という人物は明るくポジティブも周囲を気にしたり空気を読むことが難しい特徴を説明しています。

そのためどれだけひどく扱われても認識しないかもしれないという過程の中で「針のむしろ」と言う言葉を使用しています。

「針のむしろ」の例文4

「友人について『あいつはいつも他人の前では威張ってエラそうな態度ばかり取って人が離れている。いずれは針のむしろになって誰も助けてくれない状況になるだろう』と話した」

この場合、友人の行動・態度から人間関係が悪くなりつつある状況を表しています。

そしてその状況が続くことでいずれは一人きりの状況となりかねないと予想し、これから起こる悪い方向への変化を「針のむしろ」として表現しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典