スポンサーリンク

「除籍」と「除名」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「除籍」と「除名」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「はぶく」という意味の言葉は、いくつかあります。

この記事では、「除籍」「除名」の違いを分かりやすく説明していきます。

シーンに応じた言葉を、選んでいきましょう。

スポンサーリンク

「除籍」とは?

除籍(じょせき)とは、戸籍から取り除くこと。

結婚や離婚、死亡など、ライフステージの変化にともない、戸籍の内容を見直すことです。

除籍はおもに戸籍を取り扱う、自治体でつかう言葉です。

戸籍は日々、更新されていくもの。

そのため家族に変化があったら、戸籍の内容をその都度更新していきます。

「籍を入れる」のが入籍なら「籍を取り除く」のは除籍になります。

また除籍をつかった言葉に「除籍謄本」があります。

除籍謄本とは、籍のない戸籍のこと。

家族の結婚や死亡によって「空白となった戸籍謄本」を、このように呼んでいます。

除籍謄本が必要になってくるのは、遺産相続など「相続の手続きをおこなうとき」です。

「除名」とは?

除名(じょめい)とは、政党の処分のこと。

トラブルを起こした政治家に、党から出ていってもらうようにお灸を据えることです。

党幹部による、制裁行為といえます。

除名がおこなわれると党のルールに基づいて、名指しされた政治家は党を出ていく必要があります。

いわゆるクビに近い状態になるので、多くの政治家がすぐに党を離れていきます。

また除名とよく似た言葉に「離党」があります。

離党は政治家が自分の意思で、党を離れていくこと。

それに対する「除名」は、党の指示で党員をやめることです。

除名は国会の政党以外にも、議会や学会など「大きな集団」で用いられます。

党によっては「除籍」という言葉をつかう団体もいます。

「除籍」と「除名」の違い

どちらも「除く」という言葉が付いているので、紛らわしいです。

「除籍」「除名」の違いを、分かりやすく解説します。

・戸籍が「除籍」、政治は「除名」
「除籍」「除名」には「取り去る」という共通した意味があります。

そのため使い方に迷ってしまう場合もあります。

判断の目安にしたいのが、どんなシーンで使いたいかということ。

相続や戸籍、遺産の手続きに用いるなら「除籍」を。

政党や議会、学会で用いるなら「除名」となります。

除籍は「戸籍から籍を取り除く」という訳で使います。

転籍や結婚にともない、このような手続きをします。

そして除名は、政党や学会から処分を受けること。

解雇されることです。

除籍と除名の中身を知って、正しい使い方をしていきましょう。

まとめ

「除籍」「除名」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも「集団から取り除く」という意味合いで用いられます。

除籍は、戸籍から抜けること。

除名は政党や議会から、懲戒処分を受けることです。

家族や血縁のニュアンスが強いのが「除籍」

ビジネスや政治のニュアンスが強いのが「除名」です。

除籍は遺産相続の手続きをおこなうときにも、必要になってくる言葉です。

深い意味をしっかりと抑えていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典